1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介

赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介

赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介のタイトル画像

赤ちゃんがハイハイを始める時期ややり方には個人差があり、中にはハイハイなしで立ってしまうことがあります。ハイハイには個人差があるので、赤ちゃんのペースを大切にしてあげましょう。この記事では、赤ちゃんのハイハイがいつから始まるのかや、ハイハイの様子を紹介します。あわせて赤ちゃんとのハイハイの練習方法と、お部屋作りについても紹介します。

赤ちゃんがハイハイを始める頃の様子

赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介の画像1


赤ちゃんがハイハイをはじめる8ヶ月くらいの時期は、だいぶからだがしっかりとしてきておすわりの姿勢も安定してできることが増えてきます。

おすわりの姿勢で両手を自由に使い、おもちゃ同士を叩いたりするような動作を見せることも。

親指が上手に使えるようになることで、手のひら全体でものをつかんでいた「熊手つかみ」よりも器用に、細かいものをつまんで持てるようにもなってきます。

好奇心がさらに強くなってくる時期なので、ハイハイなどで移動できるようになると、行ける場所すべてが赤ちゃんの探検場所に。

戸棚や引き出しの中も、赤ちゃんにとっては興味の対象になります。

赤ちゃんからさらに目を離せなくなってきますので、事故が起きないように家中を見直す必要があります。


赤ちゃんのハイハイは脳の発達に関係する

赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介の画像2


赤ちゃんがハイハイをすることで、腕と腹筋、背筋が鍛えられていくとともに、運動を司る脳内の神経系の発達も促されます。

筋肉の発達にしたがってお座りが安定してくると、やがてお座りからずりばいやハイハイを始めるようになります。

そして四つん這いとなり、手足を交互に動かすハイハイの動きは、神経系をさらに活性化させる効果があります。

赤ちゃんは、ハイハイの動きをしながら脳も発達させているとされています。

赤ちゃんの心とからだの発達を促せるよう、ハイハイしやすいように室内の環境を整え、無理に歩かせたり、歩行器を長時間使ったりするようなことは避けた方が良いでしょう。


ハイハイを始める前兆はある?

赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介の画像3


8ヶ月ごろには、腰と背中がだいぶしっかりとしてきて、おすわりが安定する赤ちゃんが増えてきます。

次第におすわりの姿勢から前のめりになり、そこから腹ばいになってハイハイへ移行する赤ちゃんも。

最初からスムーズに前へ進める赤ちゃんばかりではないようで、後ろへ下がっていったり、お腹を床につけたまま進む「ずりばい」をすることもあるようです。

最初はおぼつかなくてもだんだんと上手になり、早く進めるようになっていくでしょう。



この記事を書いた人
teratokoの画像
teratoko

夫と自営業を営みながら執筆している兼業ライター。好きなことだけ全力投球の長女と、癒し系で頑固な次女の2人を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんがハイハイするのはいつから?時期や練習方法、お部屋づくりも紹介