1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介

赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介

赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介のタイトル画像

赤ちゃんは大人と比較するとたくさんの汗をかくため、年間を通してあせもができやすいのが特徴です。あせもは強い痒み(かゆみ)を伴う場合もあるため、赤ちゃんに不快な症状を引き起こします。できることなら、不快なあせもができないように予防してあげたいですよね。この記事では、赤ちゃんのあせもの症状や原因・予防法などについて紹介します。

赤ちゃんはあせもができやすい!

赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介の画像1


あせもは、汗が原因などでおきる皮膚疾患のひとつです。

赤ちゃんは大人に比べるとあせもになりやすいといわれています。

赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚とは違って汗腺の密度が高くて汗をかきやすい特徴があります。

さらに、薄くて刺激に敏感なため、あせもになりやすいのです。

あせもは放置すると悪化してしまうこともあります。

化膿や炎症を引き起こし、赤ちゃんにとって不快な症状を引き起こしてしまうかもしれません。

赤ちゃんをあせもから守るためにも、予防法や対処法を知っておくと良いでしょう。


赤ちゃんのあせもの原因とは?

赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介の画像2


汗は人間の皮膚上に数百万個あるエクリン汗腺から分泌されますが、このエクリン汗腺の数は赤ちゃんも大人も変わりません。

つまり体の小さい赤ちゃんは、大人に比べ汗腺の密度が高いため、たくさん汗をかいていることになります。

その汗の量は大人の2倍ともいわれています。

日本の気候は高温多湿のため、さらに汗をかきやすくなり、常に肌がジメジメした状態になりやすいといえるでしょう。

また、赤ちゃんの皮膚は大人の半分程度の厚みしかないと言われています。

汗をかきやすいうえに肌も薄いために、汗や塩分の刺激によって肌も荒れてしまいやすいのです。


あせもの症状とできやすい場所

赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介の画像3


あせもは、皮膚の中で汗がたまる部位によっていくつかの種類に分けることができ、それぞれ症状も異なります。

ひとつめは水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)といわれるあせもで、皮膚の角質層と呼ばれる部分に汗が溜まることが原因です。

水晶様汗疹の見た目は白い色をしており、透明感のある小さな水疱が見られます。

痒み(かゆみ)はなく、自然に治ることが多いので治療の必要は特にないでしょう。

ふたつめは紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるあせもです。

紅色汗疹の場合には、皮膚の角質層よりも少し深い部分にある表皮内に汗が溜まります。

チクチクしたかゆみや刺激を伴うため、赤ちゃんがかき壊して悪化してしまうこともあり、注意が必要です。

あせもができやすい場所は、汗をかきやすく、かつ汗が蒸発しにくい場所です。

ひじの内側やひざの裏側、脇の下など、皮膚が擦れる場所や、後頭部や背中、首筋、おむつのウエスト部分などもあせもができやすいでしょう。


この記事を書いた人
teratokoの画像
teratoko

夫と自営業を営みながら執筆している兼業ライター。好きなことだけ全力投球の長女と、癒し系で頑固な次女の2人を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんのあせもをどうにかしたい!あせもの原因や予防法を紹介