1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選

赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選

赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選のタイトル画像

赤ちゃんのためにベビーカーを準備する際には、一緒にレインカバーを準備しておきましょう。ベビーカーをすっぽりと覆えるレインカバーがあれば、雨はもちろん、ホコリや冷たい風からも赤ちゃんを守ることができ、赤ちゃんとのお出かけがもっと快適になりますよ。この記事では、ベビーカー用レインカバーのメリットと、おすすめの商品を5つ紹介していきます。

目次 ベビーカーと一緒にレインカバーも揃えよう
ベビーカーにレインカバーをつけるメリットとデメリットは?
【2通りの開け方ができる】Aprica(アップリカ)スムーヴレインカバープラス
【虫除けもできる兼用タイプ】KAOJI(カトージ)二人でゴー用レインカバー
【ベビーカーのデザインを選ばないシンプルさ】Richell(リッチェル)ごきげんレインカバーL
【足元までガードするゆったりサイズ】日本育児 縦型2人乗りベビーカー用レインカバー
【両対面A型対応】Conbi(コンビ)マルチフィットレインカバーZC
レインカバーを用意して子どもと快適にお出かけしよう

ベビーカーと一緒にレインカバーも揃えよう

赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選の画像1
pixta_10417570_S


ベビーカーに被せて使う「レインカバー」、使ったことはありますか?

ベビーカーには日よけの屋根がついてはいますが、覆う部分の少なさと防水性の低さを考えると、雨の日には子どもが濡れてしまう可能性が高いでしょう。

親が傘を差しながらベビーカーを押すのでは、片手操作で不安定にもなってしまいます。

レインカバーがあればベビーカーをすっぽりと覆うことができるので、雨からしっかりと子どもを守ることができます。

ほかにもメリットがありますので、ベビーカー購入の際にはレインカバーもぜひ一緒に検討してみてください。


ベビーカーにレインカバーをつけるメリットとデメリットは?

赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選の画像2
pixta_37641977_S


子どもとの外出に便利なベビーカーは、日よけの屋根はついていても前面や横部分はオープンになっています。

穏やかな天気の日はもちろん問題ありませんが、急に雨や雪に降られてしまったときや、風が強い日などは、子どもがそれらにさらされてしまう問題があります。

そんなときでもベビーカーをすっぽりと覆うレインカバーがあれば、子どもの快適性を保つことができます。

多くのレインカバーは簡単に装着できますので、普段から持ち歩いておけば外出中の天候不順にも対応できるでしょう。

また、花粉や空気中のホコリからガードしてくれる役割も期待できます。

ベビーカーに乗せた子どもは、大人の顔よりもずっと地面に近い位置。

大きな道路付近を通るようなときにも、ベビーカー用のレインカバーがあれば安心できることもあります。

デメリットには、暑い日に使用すると内部が蒸れやすくなることがあげられます。

多くのレインカバーには通気口がありますが、炎天下の使用は避けるように注意しているものもありますので、暑すぎる日に使うことは避けましょう。

また、レインカバーには透明部分はあるものの、カバーなしのときと比較すると子どもの様子を把握しづらいこともあります。

音が遮断されているため、中からの小さな声は聞き取りづらいかもしれません。

それでは、ベビーカー用レインカバーを5つ紹介していきましょう。


【2通りの開け方ができる】Aprica(アップリカ)スムーヴレインカバープラス


前部分から子どもを乗せたり下ろしたりが楽にできる3輪ベビーカー、スムーヴシリーズのイージー、バギー専用のレインカバーです。

ベビーカーの純正レインカバーは、汎用品と比較すると高いフィット感を得ることができます。

カバーの正面部分の左右にファスナーがついており、フロント全面を上に丸めてまとめ、フルオープン状態にしておくことが可能です。

また、フロントの上半分だけを開いておけるハーフオープン状態にもでき、子どもの様子をこまめに見てあげるのにも便利。

側面には、ファスナーで開け閉めできる通気ウィンドウがついています。

暑い時期でもベビーカー内に熱気や湿気がこもらず、子どもの快適性を保つことができそうです。

環境ホルモンを発生させる疑いのある物質を使用していないため、子どもを載せるベビーカーに安心して使えるでしょう。


対応ベビーカー機種:スムーヴシリーズ イージー・バギー


やっぱり純正を購入して良かった!と思うフィット感。
また、通気窓も複数あり、じめじめとした雨の日でも快適に過ごせていると思います。

【虫除けもできる兼用タイプ】KAOJI(カトージ)二人でゴー用レインカバー


後席に立つ、座るが両方できる座席がついた2人用ベビーカー「二人乗りベビーカー 二人でゴー」専用のレインカバーです。

前席には生後4ヶ月から20kgまで、後席には2歳半から体重20kgまでのお子さんを同時に乗せられるベビーカーで、レインカバーをつければ2人とも雨に濡らさずにすみます。

レインカバーは大部分は透明な仕様で、2人の様子が見やすいように配慮されています。

雨はもちろん、風や雪のある日の防寒対策と、ほこりや花粉よけとしても活用できます。

カバーの側面に空気穴がついているので、中が蒸れてしまったり、曇ったりしてしまうのを軽減できます。

お子さんにとっては外の音が聞こえやすく、不安が薄れるでしょう。

装着するときはベビーカーのホロを開き、レインカバーを被せてから6箇所のテープバンドで固定します。

使わないときには、乾燥させてから収納しましょう。


折りたたみ時のサイズ:354×240×68 cm
重さ:490g


上の子が3歳、下の子が1歳、現在3人目の出産を控えてるのでこちらを購入しました。車を持ってないので毎日の移動にバギーがかかせない生活で、本当にこちらの商品に助けられました。3歳の子は何でもかんでも興味をもってて、手を離しそうになったことがしばしば…でも後ろに載せれば立つこともできるから、楽しいらしく、ルンルンしながら乗ってくれます。坂道登る時も、想像してたより重くなく、以前のものより使いやすいです。本当にいい買い物をさせていただきました

【ベビーカーのデザインを選ばないシンプルさ】Richell(リッチェル)ごきげんレインカバーL


ほぼ全ての部分が透明な素材でできているので、子どもが開放感を感じやすい仕様になっています。

カバーの左右に大きな通気窓がついているので子どもからも外の音がよく聞こえ、熱気がこもりすぎることもありません。

背面式ベビーカー専用品で、日よけが大きなベビーカーや、ベビーバギー向けのデザインです。

前面フルオープンにすれば子どもの乗せおろしが楽々。

ベビーカー下部の荷物入れも楽に使えるつくりです。

折りたたんで30cmほどの大きさにすれば、付属のポーチに収納できます。

使用後に干しておくのに便利な吊り下げひもが付属しています。


対応ベビーカー機種:スプレ、リベラ(ルーチェ、クワット、シエスタ、フルエ、フルエR)、ワイリッシュ(エボル、ロイド)、マルシェ(ビアン、テンダ)、カルガルー(プラス、ファースト、2017、プラス2017、ファーストRS、RS、プラス RS、ファーストCT、CT、プラス CT)


雨の日用のカバーがなく、即購入。ベビーカー少し前の(7年ぐらい前の)型なので、カバーが合うのか不安でしたが、見事にスッポリ!急な雨でもすぐ取り付けられるし、風のある日でも、ちゃんと飛ばないように出来ます。子どもを乗せたり下ろしたりはチャックがあるので、出し入れしやすいです。ゆったりしているので、子どもも嫌がらず。

【足元までガードするゆったりサイズ】日本育児 縦型2人乗りベビーカー用レインカバー


縦型の2人乗りベビーカー用のレインカバーです。

適応サイズのベビーカーであれば、ハンドル下から前面、下部はタイヤ上部分までをすっぽりと覆うことができます。

カバーのほぼ全ての部分に透明な非フタル酸PVCを使用しているため、2人の子どもの様子をすぐに見てあげられるでしょう。

雨はもちろんのこと、強風や空気中のホコリ、寒さからもベビーカー内部を守ることが可能です。

2人乗りベビーカー用でありながら、折りたたむと30cm四方程度のサイズになります。

着脱に便利な面ファスナーを採用し、カバーを装着したままでも子どもの乗せおろしができるように大きく開けることができるようになっています。


取付可能な座席の最大サイズ:約W500×D1200×H950mm


思ってたのはかなり大きめだったんですが意外と柔らかくてコンパクトです。今まで持っているレインカバーよりはゴワゴワしてないです。実際に雨の日に使って見ないとわからないですが楽しみです。ただ、以前のレビューの方を参考に持ち手にかぶせるとキンダーワゴンの荷物置き場までは隠れません。でも後ろの子の足は濡れなさそうで安心です。雨風がある日は荷物置き場に何も置かないようにしようと思います。

【両対面A型対応】Conbi(コンビ)マルチフィットレインカバーZC


コンビの両対面式A型ベビーカー専用品です。

フィット感が良く、取り付け時の見た目がスマート。

調整の面倒もなく取り付けることが可能です。

使わない時には畳んで下部にあるかごに入れて持ち歩くと便利です。

前面のほぼ全てと側面が透明になっているので、子どもの視界を遮りません。

乗せおろしに便利なフロントファスナーのほか、下部をしっかりと留めるストラップなどもあり丁寧なつくりになっています。

雨の日に加え、寒い日や風の強い日のお出かけでも便利に使うことができるでしょう。

ホコリよけにもなるので、大きな道路そばを通るときや、花粉が気になる時期にも活躍してくれそうです。


対応ベビーカー機種:スゴカルシリーズ、メチャライトシリーズ、メチャカルシリーズ、メチャカーゴシリーズ、ディアクラッセシリーズ、グランパセオシリーズ、クロスゴーシリーズ、アンブレッタシリーズ、ネムリエシリーズ、カルディアシリーズ、ロングフィットシリーズ


ベビーカーカバーはこちらが3つ目になります。最初は全部透明なもの、次に雨ではないときは持ち手にぶら下げておけるものを買いましたが、どちらも使い勝手がいまいちでした。こちらはさすが純正品だけあって、ベビーカーにぴったり(我が家はメチャカルファーストαです)、使うときもあっという間に簡単に取り付けられノンストレスです、今までとは雲泥の差です。使わないときは下のかごに入れて持ち運べ、畳むときも下のかごに入れたまま畳めます。最初からこれを買っておくべきでした。そして遅ればせながらこちらを購入して本当によかったです。

レインカバーを用意して子どもと快適にお出かけしよう

赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選の画像3
pixta_20553910_S


ベビーカーとレインカバーのフィット感を重視する方は、ベビーカー購入の際にレインカバーもセットで検討されることをおすすめします。

装着するのにもストレスがなく、見た目もおしゃれでスマート。

ベビーカーメーカーからは適合するレインカバーが提案されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

汎用タイプのレインカバーには、メーカー純正品と比較すると安価なものもあります。

購入時にはサイズ表記や口コミなどで、使いたいベビーカーと適合するかをよく確認しましょう。

ベビーカーと一緒にレインカバーを用意すれば、急な悪天候を怖がらずにお出かけすることができるようになります。強風や寒い日などの条件下でも、ベビーカー内の快適性を保つことができますよ。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
teratokoの画像
teratoko

夫と自営業を営みながら執筆している兼業ライター。好きなことだけ全力投球の長女と、癒し系で頑固な次女の2人を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんとのお出かけを快適に!おすすめベビーカー用レインカバー5選