1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊活
  4. >
  5. 妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選

妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選

妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選のタイトル画像

マタニティブラは妊娠中に変化していくバストを支え、妊婦さんの快適な生活をサポートしてくれる下着です。最近では、出産後も使える授乳プラ兼用のものが多くあります。胸のシルエットを整えたい、つわりでつらい時にリラックスしたいときなどと、妊婦さんの胸のお悩みやシーンにあわせて適したマタニティブラを選びましょう。

目次 マタニティブラは妊婦さんの負担を軽減してくれる 
マタニティブラはどうして必要なの?
マタニティブラは状況にあわせて使い分けを
【安定感があるワイヤー入り】ANGELIEBE(エンジェリーベ)ママとつくったふんわり授乳ブラ
【リラックスしたいときに】Rosemadame(ローズマダム)マタニティハーフトップ
【前開きノンワイヤータイプ】LECIEN(ルシアン) 産前産後兼用授乳ブラ
妊娠中もブラジャーのサイズを確認しましょう

マタニティブラは妊婦さんの負担を軽減してくれる 

妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選の画像1
pixta_50812684_S

妊婦さんのバスト向けにつくられている「マタニティブラ」は、妊娠により変化していくバストを支え、身体の負担を軽減してくれるものです。

大きく重くなっていくバストを支えることに加え、敏感になったバストを優しく包み、締め付けすぎずに楽に過ごせるようにしてくれる役割も果たしています。

マタニティブラを使えば、一般用ブラをそのまま使い続けるよりも身体への負担は軽く、それでいてバストをきれいにみせてくれる効果が期待できます。

産後の授乳ブラと兼用の商品も多くありますので、産前、産後用の下着を揃えるときに、マタニティブラを加えてみてはいかがでしょうか。

マタニティブラはどうして必要なの?

妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選の画像2
pixta_59850306_S

妊婦さんのバストは、妊娠がわかってすぐの妊娠初期段階でも、出産後に母乳を出すための準備が始まっています。

バストの中にある乳腺が発達することで、乳首やバスト全体が敏感な状態になります。

妊娠10ヶ月の頃には、バストサイズはおおよそ2カップほど大きくなります。

その時は前へ大きくなるのではなく、脇部分や下半分から大きくなっていくのが特徴です。

加えて、乳頭同士の間隔も広くなっていきます。

妊娠時のバストは、普段とは異なった感覚を持つようになったり、違う形に大きく変化したりします。

そのため、妊娠前から使っていたブラジャーのままでは妊娠時のバストを変に押さえつけてしまうかもしれません。

マタニティブラに着替えて、妊娠時のバストを楽に整えてあげましょう。

ブラをつけていて脇にあるワイヤー部分に違和感を感じたり、アンダーが苦しくなったりなど、ブラが押されているように感じたときは、すぐにマタニティブラの購入を検討することをおすすめします。

マタニティブラは状況にあわせて使い分けを

妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選の画像3
pixta_55319775_S

マタニティブラは、大きくは3種類に分けられます。

自分の生活スタイルや状況に合わせて、マタニティブラを選びましょう。

(1)ワイヤータイプ

仕事やお出かけのときなど、きちんとした服装のときにおすすめです。

妊娠時の敏感なバストに対応できるよう、着用感は一般のブラよりもソフトにつくられています。

ワイヤーが入っているので、バストのシルエットをきれいにみせてくれますし、大きく重くなったバストをしっかりと支えてくれます。

(2)ノンワイヤータイプ(リラックスタイプ)

3種類の中で、一番リラックス感のあるタイプ。

締め付け感のないつくりで、肌触りや素材感にこだわったアイテムが多いのが特徴です。

取り外しできる成形カップ仕様で、胸の形をきれいにみせてくれるものもあります。

就寝時やつわりでつらいときなど、家でリラックスして過ごしたいときに良いでしょう。

(3)ノンワイヤータイプ(サポートタイプ)

ノンワイヤーなのにサポート力がある、上2つの特徴を併せ持ったタイプです。

市販されているマタニティブラでは一番種類が豊富で、さまざまなデザインから好みのものを選ぶことができます。

産後まで使える授乳ブラと兼用のものも多く、中でも前部分を全開できるタイプは産後の乳房ケアを受けるときに便利です。

【安定感があるワイヤー入り】ANGELIEBE(エンジェリーベ)ママとつくったふんわり授乳ブラ

バスト下のソフトワイヤーは、クーパー靭帯をサポートしてバストの垂れを防ぎ、脇部分に入ったボーンはバストが横へ流れるのを防いでくれます。

美胸メイクを実現しつつ、バイリーン素材を使った「ふんわりやわらかカップ」は妊娠期の敏感なバストにも優しいのがポイント。

ストラップにも工夫が凝らされており、肩からずり落ちるのを防ぐ凹凸ストラップでストレスフリー。

ストラップオープン仕様のため、片手ですぐにカップを開けて楽に授乳することができ、産後まで使うことができます。

産前、産後ブラとして十分な機能がありながら、一般用ブラ同様の女性らしいデザインにこだわっているそう。

2色使いのストラップリボンと、ドット柄のジャガードシフォンやバラ柄のレースをあしらった、スイートなデザインとなっています。

メーカーでは同デザインのショーツやキャミソールも販売していますので、セットアップも可能です。

サイズ:M(トップバスト86〜94、アンダーバスト70〜75)、L(トップバスト93〜101、アンダーバスト75〜80)、LL(トップバスト100〜108、アンダーバスト80〜85)
機能:後ろホック2列・4段階調節、ストラップ調節可能

普段C70くらいを着用していて、1人目の産後は2カップ近くアップしたのでLを購入しました。産前産後ちょうど良く使えてます。この値段でこのクオリティなら買って損はないかと思います。

【リラックスしたいときに】Rosemadame(ローズマダム)マタニティハーフトップ

透かし柄の生地にナチュラルな小花柄がかわいらしい、「プチフラワーシリーズ」のマタニティブラです。

バストに負担の少ないハーフトップタイプなので、寝るときなどのリラックスタイムに向いています。

妊娠期に発達する乳腺を保護するため、大きくなったバストも優しく包み込むようなつくり。

やわらかく肌触りの良い綿100%素材、カップはムレにくく工夫されていて、取り外し可能なソフトパッドが付属しています。

前部分はボタンで全開にすることができるので、産前に加えて産後の授乳時まで活躍します。

ローズマダムは、マタニティランジェリー専門の通販ショップです。

こちらのブラのほかにも、産前と産後に使いやすいパジャマや下着類が充実しています。

店舗ではお揃いのシリーズで妊婦帯と産褥ショーツ、マタニティショーツも展開していますので、産前準備で必要な下着類をお揃いのデザインで統一することもできます。

サイズ:M(トップバスト86〜94、アンダーバスト67〜75、B70・C70・D70・E70・B75・C75)、L(トップバスト93〜101、アンダーバスト72〜80、D75・E75・B80・C80・D80・E80)

デザインだけでなく付け心地も軽くて悪くありません。
確かに少し薄めで、補正ブラ的な機能は期待できませんが、
これからの季節、Tシャツの下にこれ1枚で着ても重ね着しているようだし、
私は、ブラトップ系にありがちな「バスト強調」がちょっと苦手なので、
ナチュラルなこの感じが好みです。

【前開きノンワイヤータイプ】LECIEN(ルシアン) 産前産後兼用授乳ブラ

ノンワイヤーでありながら、生地の伸縮性とつくりで自然に近いきれいなバストを実現。

生地と縫い糸の両方にオーガニックコットンを使用しているので、心地よく身につけることができるでしょう。

縫い目がフラットになっていたり、テープが直接肌に当たらないようになっていたりと、妊婦さんの敏感なバストに嬉しいつくり。

前はクロスオープンタイプなので、手でカップを引き下げれば授乳も簡単にすることが可能です。

ポケットがカップの内側に付いているので、市販されている母乳パッドを入れて使うこともできます。

肩紐が太く、重くなったバストもしっかりと支えてくれます。

無地のシンプルなデザインなので、スポーツブラのようなマタニティブラをお探しの方におすすめ。

レースが付いていないので、敏感肌などで痒くなりやすい方にも向いています。

ルシアンは大手肌着メーカー、ワコールの傘下企業で、シンプルながら機能を重視した下着類を展開しているメーカーです。

マタニティ用にはほかにハーフトップや骨盤を支えられる産後パンツ、マタニティショーツなどが販売されています。

サイズ:M(C〜E70、B〜D75)、L(F70、E75、B〜D80)、LL(F75、E〜F80、B〜E85)
機能:後ろホック2列・4段階調節

こちらはまず肌触りがすごくいいです。長い糸を使った綿なのでするするとしてさらっとした肌触りで、ものすごくやさしい感じです。肌に摩擦が起きていないのだと思います。アンダーはきつくなくて、しかも調節できる幅も広く、とっても楽なんですが、バストはかなりしっかり引き上げてくれます。バストが急に大きくなって、これからの季節でも汗を掻いたり、汗疹ができたりしそうでしたが、こちらのブラを一日中着けていれば、下にしわができるようなこともなさそうなので安心です。着けていて本当に楽なので、家の中でも外す必要がないし、外に出てもバストがしっかり上がっていてスタイルアップしているので恥ずかしくないし、本当に助かります。

妊娠中もブラジャーのサイズを確認しましょう

妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選の画像4
pixta_33878245_S

妊娠に気づいてすぐの初期でも、バストの変化は始まっています。

胸の違和感を放置せず、自分にあったマタニティブラを選びましょう。

ワイヤータイプはお出かけ時などの日中に使うようにし、授乳ブラ兼用品でも出産直後1ヶ月間の産褥期はお休みすることをおすすめします。

ノンワイヤータイプで産後ブラと兼用のものであれば、妊娠時の夜間に加え、産褥期にも使えます。

マタニティブラを購入するときも、一般用と同様ジャストサイズを選ぶのが望ましいとされています。

妊娠月数が経過してマタニティブラのきつさを感じたら、サイズアップも検討しましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
teratokoの画像
teratoko

夫と自営業を営みながら執筆している兼業ライター。好きなことだけ全力投球の長女と、癒し系で頑固な次女の2人を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊活
  4. >
  5. 妊娠期から出産後まで使える!マタニティブラのおすすめ3選