1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介

【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介

【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介のタイトル画像

赤ちゃんが生まれたらしっかり把握しておきたい予防接種事情。そもそも予防接種はどうして必要なのか?0歳児はどのような予防接種を受ける必要があり、それぞれのワクチン(定期接種:B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、4種混合、BCG、ロタウイルス)はどのようなものなのか?をご紹介します。

赤ちゃんと予防接種

【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介の画像1
pixta_36444436_S


赤ちゃんが生まれたら、予防接種についてはしっかり把握しておきたいもの。

そうは言っても、種類が多すぎて何をいつ受ければいいのかわからない!

そもそもなぜ予防接種を受けなくてはいけないの?と疑問に感じている方も多いかもしれません。

今回はそんな方のために、予防接種の必要性や0歳児が受ける予防接種の種類、接種スケジュールの立て方や予防接種前後の注意点について詳しくご紹介します。


どうして予防接種が必要なの?

【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介の画像2
pixta_55024660_S


「生後2ヶ月で予防接種デビュー」

母子手帳や産院、小児科などでこのような言葉を耳にしたことがあるという方も多いかもしれません。

しかし、そもそも赤ちゃんにとって予防接種はどうして必要なのでしょうか?

赤ちゃんはお腹にいるときにお母さんから様々な感染症の免疫を胎盤を通してもらっています。

しかし、これらの免疫は出生後5~6ヵ月で失われてしまいます。そのため、できるだけ早く感染症の抗体を作ってあげることが重要です。

赤ちゃんは様々な感染症にかかりながら自然と免疫をつけて成長していきますが、感染症の中には風邪のように軽い症状ではなく、重篤な合併症を引き起こしてしまうものもあります。

細菌性髄膜炎や百日せき、結核など、危険な感染症にかかることを予防するために、日本ではワクチンの接種が推奨されています。

つまり予防接種は、赤ちゃんを重篤な感染症から守るため、また、もしかかってしまったとしても症状が軽く済むようにするために必要なのです。


0歳児の予防接種〜定期接種〜

【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介の画像3
pixta_64779348_S


予防接種には「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

定期接種は、法律により接種が推奨されているワクチンのことです。

定期接種にかかる費用は基本的に予防接種を実施する地方自治体が負担をするため無料です。

また、ワクチンには病原体を弱毒化することで作られた「生ワクチン」と病原体の毒性を完全に無くして作られた「不活化ワクチン」の2種類があり、ワクチンの種類により接種間隔が異なります。

0歳児が受ける定期接種は、B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、4種混合、BCG、ロタウイルス(ロタウイルスワクチンは2020年10月より定期接種開始)の6種類。

それぞれについて、ワクチンの種類や接種推奨時期、接種回数などをご紹介します。


B型肝炎ワクチン


B型肝炎ウイルスによる肝炎などの病気を予防するためのワクチンです。

接種することにより、B型肝炎ウイルスの抗体ができ、B型肝炎にかかりづらくなると言われています。

ワクチンの種類:不活化ワクチン
接種推奨時期:初回は生後2ヶ月
接種回数:3回


この記事を書いた人
あかねの画像
あかね

転勤族の夫を持つ専業主婦ライター。定期的にある転勤で日本各地を回りながら、活発で負けず嫌いな幼稚園男児を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 【医療監修】0歳児の予防接種はいつ何を受ける?種類やスケジュール、注意点をご紹介