1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 育児は、妻を孤独な惑星に飛ばした。残された夫に「当事者意識」を伝えるまで

育児は、妻を孤独な惑星に飛ばした。残された夫に「当事者意識」を伝えるまで

育児は、妻を孤独な惑星に飛ばした。残された夫に「当事者意識」を伝えるまでのタイトル画像

育児中に感じたことをSNSやブログで発信されているかざりさん。産前は仲良しだった旦那さんと、産後は家事育児をめぐってたくさんのバトルがあったそうです。今回は「愛する夫が家事育児に当事者意識を持つまでのはなし」をご紹介します。

夫が変わるまでにはたくさんのバトルがあった


九州の山奥で生まれ育ち、10も年上でしかも長男坊の夫。

今から思えば、家事育児に当事者意識を持って取り組んでもらう相手としては、なかなかハードな条件が揃っているように思います。

夫は、(自分自身の思う)いい父親であろうとしてくれていましたが、私が求める家庭運営のパートナーとしては呆れるほど力不足でした。

息子が生まれて1年半ほどの夫は正直、父親と呼べるようなものではありませんでした。

ある日、私が夜じゅう息子の夜泣きに付き合って、朝になってやっと起きた夫に「20分だけ寝かせて」と伝えると「酷いお母さんだね〜!」と言われたこともありました。

子どもの世話よりも自分の煙草の休憩を優先して、いちいち待たせて食事もお風呂も遅くなって、0歳児が寝る時間なんて考えもしない夫。

朝は、私が子どもの着替えや朝食や弁当の準備で動き回っているなか、不機嫌そうに自分のコーヒーだけ入れて煙草を吸って出勤していく姿を見ると、憎しみしか感じられませんでした。


今の夫は家事育児の立派な相棒


夫は今、就寝前に炊飯器が空であれば米を研ぎ、朝炊き上がるように炊飯予約をしておいてくれます。

重要なポイントなんですが、現在の夫はこれを 「自分の判断で」 行います。

私が「ご飯もうないから炊いておいて」と指示を出してそれを聞いて動くわけではありません。

もう「言ってくれればやるよ」なんていう指示待ちポンコツではなくなりました。

全体の様子を見て必要なことを自分で判断して対処する、という仕事ならやっているだろうことを家庭内でもやっているだけのことです。

その状態にたどり着くまでには身を削るようないくつもの闘いがありました。


育児は、妻を孤独な惑星に飛ばした。残された夫に「当事者意識」を伝えるまでの画像1
pixta_44215268_S

変わってくれるまで本当に大変だった


家庭内ではポンコツ、出先では抱っこしてドヤる「イクメン」だった夫に変わってもらうまでには様々な努力が必要でした。

それもこれも産前の私が

「自分の子どもって可愛いだろうなあ!夫もいいパパになってくれるハズ♪」

と能天気に捉えていたのが原因だったように思います。

そしていざ出産。

我が家は里帰り出産はせず、お義母さんが産後5日間だけお手伝いに来てくれたのみ。

1人目、里帰りなし、子は寝ない、乳を飲まない、夫は観客。

地獄ですね。

産後の身体ダメージ、母親としてのプレッシャー、寝不足…夫に助けを求めるも立っている場所も見えているものも全然違うので、どうにも伝わりません。

疲弊した寝不足の頭では、伝わる努力をする気力すら湧いてきません。

理論立てたり効果的な方法を模索するほど心身が回復してきたのは、息子が1歳半になる頃でした。


育児は、妻を孤独な惑星に飛ばした。残された夫に「当事者意識」を伝えるまでの画像2
pixta_54001409_S
この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 育児は、妻を孤独な惑星に飛ばした。残された夫に「当事者意識」を伝えるまで