1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介のタイトル画像

母乳やミルクしか口にできなかった赤ちゃんが、少しずつ“ごはん”を食べるようになる離乳食。楽しみでもあり不安でもあり…というママは多いのではないでしょうか。特に最初は分からないことだらけ!離乳食の初期を中心に、いつから始めるのか、進め方や代表的なレシピ、おすすめグッズなどをご紹介します。

離乳食はいつから始める?

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介の画像1
pixta_36450879_S


開始時期としては、5~6ヶ月とされていることが多いのですが、これはあくまで目安。

赤ちゃんの体が離乳のための準備ができているか、まずはチェックしてみましょう。

首がしっかり座っている、お座りができる、食べ物に興味がある(親の食べる様子を見ているなど)、スプーンを口に入れても押し出すことが少ない…などが離乳食を始める目安です。

また、以前は離乳食の前に果汁などを与えていた時代もあり、祖母世代からアドバイスをされることもあるかもしれませんが、今では必要ないとされています。


まずは飲み込む練習を


離乳食初期は、まず「舌を使って食べ物を飲み込む」ことに慣れるための時期です。

赤ちゃんを抱っこし、ポタージュ状の離乳食を下唇にのせ、自分から口を閉じるのを待ちます。

これで“ゴックン”ができたら大丈夫です。

なおこの時期は、栄養のほとんどを母乳・ミルクで摂取します。

母乳・ミルク80~90%、離乳食10~20%が目安です。

授乳は今まで通り行いましょう。


離乳食初期の進め方

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介の画像2
pixta_21086507_S


それでは、離乳食初期の進め方を詳しく解説していきます。


最初の1ヶ月間は1日1回食

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介の画像3
pixta_39962658_S


最初は、健康状態に問題がなく、機嫌のよい時にスタートしましょう。

初めてあげるのは、1日1品、1さじから。

あげるのは午前中にしてください。

これは、もしアレルギーなどのトラブルがあった場合に、その原因が分かるようにするためと、病院にすぐに行けるようにするためです。

また、授乳前のお腹がすいているタイミングにしましょう。

このころ口にするのは、なめらかにすりつぶした、トロトロの状態のもの。

つぶしたおかゆから始めて、次にペースト状にすりつぶした野菜。

その後、豆腐、白身魚、卵黄と順に進めていきます。

必要な道具としては、すりつぶせるもの、裏ごしができるものがマスト。

離乳食用のものも売られていますが、それぞれ「すり鉢」や「茶こし」でも代用できます。

そのほか、「計量カップ」などがあればとりあえずは離乳食がスタートできるでしょう。

何が必要か迷ってしまう、買い足すのが面倒という場合は、一式そろった離乳食セットを準備しても。

目の細かいおろし器や小さなざるなど、離乳食用のアイテムがそろっています。

また、まとめてつくって冷凍保存しておくと手間が省けるので、「製氷皿など小分けに冷凍できる保存容器」があると便利。

柔らかい素材のものなら、使う分だけ1つずつ取り出せるのでおすすめです。

離乳食が終わったあとも、製氷はもちろん、お弁当のおかずの作り置き、薬味の保存などに利用できます。


この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、6才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介