1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日

子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日

子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日のタイトル画像

真面目でルールを守ることにこだわりがある長男。そして絶賛イヤイヤ期の3歳次男。そんな2人との毎日は、楽しくありつつも、イライラしてしまうことも…。でも、ある時ふと自分の口からでた言葉に、心が軽くなったお話。

真面目すぎる長男


我が家の子ども達は、年長さんの長男と、3歳の次男の2人兄弟です。

長男はとにかくマジメでこだわりが強く、ルールは守らないと納得できない性格。

寝坊して保育園の登園時間をちょっと過ぎてしまった時は、とたんに不安そうな顔に。

おっちょこちょいな私の性格も加わり、体操服や歯磨き用コップなど、忘れ物をしてしまうこともよくあります。

そんな時、あるべき物がない!ということに気づいた長男は、泣き出したり怒り出したり…。

「どうしても落ち着かないので、家に取りに帰っていただけますか?」と連絡があったことも。

仕事に遅れそうになりながら、ダッシュで忘れ物を届ける日もありました。

だから、長男の遅刻や忘れ物は厳禁。

全てを完璧にしなくては!と、私は毎日気を張り、ピリピリしていました。


子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日の画像1
pixta_27702438_S

イヤイヤ期真っ只中の次男


一方の次男は、毎日、イヤ!イヤ!の連続です。

食事の時間。

「これはイヤ!食べたくない」
「カレーがいい!」
「焼きそばがいい!」

と、材料が無くてすぐには作れないものを、急にリクエストしてきたりします。

お風呂に入れるのも一苦労。

「お風呂は嫌い!」
「入りたくない!」

となかなか動いてくれません。

なんとかなだめてお風呂に入れても、安心はできません。

次にはこんな言葉が。

「お風呂から出たくないー!」
「まだお風呂で遊ぶ!」

とにかく言うことを聞いてくれないので、大きな声で注意してしまうこともよくありました。

こんな調子の毎日に、私はぐったり…。

ついつい怒鳴ってしまい、自己嫌悪に陥ったりもしました。


子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日の画像2
pixta_42746306_S

とっさの一言に、次男の反応は意外だった


ある日、次男が「お気に入りのミニカーが見つからない!」と騒ぐので、一緒に探していた時のこと。

いくら探しても見つからず、次男はぐずり始め、私も探すことに疲れてしまっていました。

そんな時に思い出したのは、教育テレビの歌のお姉さん。

「お姉さんなら、こんな時もきっと楽しく乗り越えるよね…」と思ったのです。

さっそくお姉さんのモノマネをしてみました。

「見つからないねー」「どうしたらいいんだろう?」などと、ちょっと大げさなジェスチャーを交えて話してみました。

すると、次男もなんだか楽しくなってきた様子。

そして、もうこれ以上探しても見つからない!あきらめよう!と思った時、自然と私の口から「まぁ、いっか!」という言葉が出ました。

すると、その言葉に意外にも納得した次男。

気持ちを切り替えることができたようで、ミニカー探しはやめて、別のおもちゃで遊び始めたのです。


子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日の画像3
pixta_36907508_S

不安がつのる長男に、同じ言葉をかけてみた


長男への声かけにも、この言葉が効果的だったエピソードがありました。

ある日少し寝坊してしまい、急いで家を出たものの、保育園への遅刻はほぼ確定かなーという時でした。

「あと5分で9時だよ?間に合わないんじゃない?」

と不安そうな長男。

いつもなら、「大丈夫大丈夫、ママ急ぐから!」とか「間に合うようにがんばるねー!」などと、とりあえず急ごうとするばかりだったのですが…。

次男への声かけを思い出し、「まぁ、いっか!」と言ってみました。

「ちょっと起きるのが遅かったから仕方ないよね」「たまにはこんな日もあるよね」などと話していたら、だんだんと長男の表情が落ち着いてきたように見えました。

普段、遅刻してしまった日は泣きそうな顔で教室へ入っていく長男。

この日は元気にバイバイできました。


子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日の画像4
pixta_20997640_S

今後も口に出していきたい言葉


子ども達への声かけとして効果的と感じていた、「まぁ、いっか!」の言葉。

実は私自身がとても救われていることに、最近ふと気づきました。

長男が不安になるとわかっているのに、遅刻や忘れ物をしてしまった時。

そして、次男がぐずってばかりの時。

「どうしてこんなに上手くいかないんだー!」と私自身のイライラが募っていました。

それが子どもたちにも伝わってしまい、悪循環になっていたのではないでしょうか。

誰でも失敗することはあるよね。

思い通りにいかないことだってあるよね。

「まあ、いっか!」の言葉で心が軽くなっていたのは、私も同じだったのです。

まさに『魔法の言葉』!

今では、私が失敗して「あー!どうしよう!」と慌てていると、次男が私の真似をして「まぁ、いっか!」と言ってくれるようになりました。

辛くて思いつめてしまうような時には、ストレスをため込まず、「まぁ、いっか!」と口に出してみようと思います。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
おたみんの画像
おたみん

テレビ局、出版社での勤務経験を活かし、ライターとして活動中。
子育てで溜まる一方のストレスを、食べることで発散!
特に甘い物が大好きで、チョコレートは常にお...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 子育て中のイライラに自己嫌悪…心がちょっと軽くなる、魔法の言葉に出会った日