1. 総合トップ
  2. >
  3. ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。のタイトル画像

「子どもと離れる時間が欲しい」「私は社会から必要とされてないのかな…」さまざまな思いを抱え、復職への一歩を踏み出す。そんな体験談をまとめました。

口に出すのをためらっていました

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像1
ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像2



「こんな理由は母親失格…?」と、悩む専業主婦のママ友。

先輩ワーキングマザーからの前向きな言葉に勇気づけられます。


ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像3

採用面接の帰り、ふと見渡すと

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像4
ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像5
ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像6



PTAのママ友つながりでお仕事をすることに…!

「今も幸せいっぱい。でも、どこか物足りない。」

久しぶりに社会の空気に触れ、気持ちが動き出しました。


ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像7

おうちが大好き!

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像8


家にいるのが大好きで、外に出て働くことは考えてなかった。

しかし、子どもが小学校に上がり、環境はがらりと変化…。

「不安もたくさんあったけど、復職してよかった!」というエピソードです。

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像9

私はブランク6年の事務職…!

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像10
ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像11


子どもが幼稚園の間に、パートで働きたい!

勇気を出してマザーズハローワークに行くも、求人なし…(涙)

「私、社会に必要とされてないのかな…」と思いつつ行動した、就活成功体験記です。


ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像12

双子を連れてハローワークへ

ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。の画像13


我が家には、7歳の男女の双子がいます。

そして私はワーキングマザーなのですが、これまでに何度かの転職を経験してきました。

その際に大切にしてきたのが「納得感を大切にする」ということ。

これには、子育てと仕事を両立させようと試行錯誤したからこその理由があるのです。


現在は週4日時短の正社員で勤務。

その過程には、双子出産、夫の転勤…と、怒涛のライフスタイル変化の中、働くチャンスを模索し続けた過去がありました。

「自分が大事にしたいポイント」や、転職の方法など、参考になる点が盛りだくさんです。



「働こう」と思う理由も、タイミングもひとそれぞれ。

自分の生活に納得感があるかどうかは、とても大切だと感じます。

復職に迷いや不安を感じる方が、参考になる記事を見つけられますように。



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ずっと社会から離れていたので不安…。それでも今、仕事がしたい。