1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもは「任せる」ことで成長する。双子ワーママが貫いた“我が家流”ということ

子どもは「任せる」ことで成長する。双子ワーママが貫いた“我が家流”ということ

子どもは「任せる」ことで成長する。双子ワーママが貫いた“我が家流”ということのタイトル画像

双子が年少さんの年のこと。私の復職が決まり、子どもたちは保育園に通うことになりました。ワンオペ双子育児+仕事で手一杯だった私が、入園準備の際に心がけたことは……?

毎日の保育園準備、「自分のことは自分で」でスタート


当時3歳の双子たちが、保育園に入園した時のこと。

そこは保育園としては珍しく制服のある園で、さらに園に着くとすぐに体操服に着替え、お昼寝の時間にはパジャマに着替えるという生活でした。

そのため、体操服やパジャマが毎日必要。

歯ブラシとコップ、手拭きタオル、食事用タオルといった日用品と合わせて、園指定のちょっと重たい黄色革かばんに入れて行かなければなりませんでした。

子どもは「任せる」ことで成長する。双子ワーママが貫いた“我が家流”ということの画像1
pixta_25701286_S

その頃の私は、安定のワンオペ生活の中で復職をしたばかり。

双子の保育園準備というタスク、さらに連絡帳を2冊書くというミッションも増えた私は、「さて、どうしたものか…」と頭を抱えてしまいました。


そんな時ふと思いついたのは…「自分たちでできることは、自分たちでやってもらおう」ということ。

幸い双子たちはお手伝いが大好きなので、手順さえ整えれば、きっと自分たちで準備できるだろう。

自分で靴をはけるようになった日も、箸を使えるようになった日も…なんでも「できるようになる」までには、それなりの過程がありました。

親が手を出した方が早いこともたくさんあるけど、そこをグッと堪えることで、子どもたちはググッと成長する。

そのためには、なんと言っても最初が肝心。



そこでまず、1人に1台のカラーボックスを準備し、引き出しをたくさん備え付けました。

そして「ワンボックスワンアイテム」を徹底し、双子が自分で登園準備をできる環境を整えたのです。


毎日保育園から帰ると、かばんの中身を全部出して、洗うものは洗濯カゴへ入れる。

そして明日持っていくものを確認しながら、一緒に準備をする。

子どもは「任せる」ことで成長する。双子ワーママが貫いた“我が家流”ということの画像2
pixta_60857693_S


保育園のお着替えですっかり着替えが早くなり、洋服をたたむことも上達した双子は、2ヶ月も経った頃には、基本的なことがしっかりこなせるようになっていました。

双子たちがたたんだ体操服を私が体操着袋に入れる…というように、できることは自分たちでやってもらいながら、まだ上手にできない部分は私が補うことで日々の準備を回していました。

「お友達のおうちはね、ママが保育園の準備をするんだよ」


そんな生活を1年経て、双子たちは無事に年中さんになりました。

さすがに1年も保育園に通うと、子どもの成長というのはめざましく、必要なものは自分たちで準備できるようになりました。

かばんに詰めるのはなかなか難しいので、私は2人が準備したものをチェックしながらかばんに入れるだけ。

随分と日々の準備が楽になりました。

この記事を書いた人
おぎの画像
おぎ

2012年生まれの小学3年生の男女双子の母
転勤族の妻
双子を連れて2度の引っ越し(広島・福岡)経験あり。
現在、都内ベンチャー企業にて短時間正社員として...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもは「任せる」ことで成長する。双子ワーママが貫いた“我が家流”ということ