1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」

ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」

ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」のタイトル画像

普段から仕事が激務で多忙な夫。繁忙期はほぼ休みなし。年子三姉妹のワンオペ育児に限界を感じ、夫婦で話し合いをすることに。

加速したワンオペ育児にモヤモヤが積み重った


仕事が激務で毎日帰りの遅い夫。

夫の実家は遠方。

私の実家も車で1時間の距離なうえに、両親とも、まだまだ現役で共働きのため頻繁には頼れない。

そう、そんなわが家は『ワンオペ育児』です。

5歳・4歳・2歳の保育園に通う年子三姉妹は、まだまだ手のかかるやんちゃ盛り。

それでも、全員が乳児だった頃に比べると格段に子育ては楽になってきた。

私自身にも少しだけ余裕が出来てきたように感じます。


しかし去年は、夫の会社にとって大きな変動の年だったこともあり、過去最大に多忙な日々が続きました。

終電帰りはあたり前。

多い時には月の半分以上が出張。

繁忙期には休みの日にまで仕事に行くように。

そうなると、当然私のワンオペ時間も比例してながくなります。

仕事だから仕方ないとはわかっているものの、そんな夫にモヤモヤとした思いが積み重なるようになりました。


ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」の画像1
pixta_45183969_S

夫は家族のために働いている、それでも…


もともと同じ職場で出会い、結婚した私たち。

大変な業界であることも知っているし、夫の立場上、多忙を極めることにも理解はしているつもりでした。

それでも度々おとずれる、子どもの発熱や私自身の体調不良。

誰にも頼れないことへの不満や孤独感に、涙することもありました。

そして気が付くと、もう私は限界のところまで来ていたのです。


「家族のために働いている」

いつだったかの夫の一言が、私の心を締め付けます。

夫も一生懸命働いているからこそ、家族が安心して暮らしていける。

でも、その”家族のために働く”の犠牲になっているのもまた、私たち家族。

「これは本当に家族のためだろうか?」と思うようになりました。


ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」の画像2
pixta_54909664_S

ワンオペループ、ついに限界


長時間ワンオペ生活が1年続いたころ、意を決し、抱えてきたモヤモヤを夫にぶつけてみることにしたのです。

孤独感からくる不安。

小さな命を守ることへのプレッシャー。

ずっと心に抱えていたものが一度に溢れてきてしまい、最初はうまく言葉で伝えられませんでした。

夫は、突然の私の告白に少し戸惑った様子。

それでも私の興奮する姿や、話す言葉から、「このままでは家庭が崩壊する」という危機感を感じ取ってもらえました。


生活のために仕事を辞めることは出来ない、転職すれば収入面で不安を抱えることになる。

そこで、現状のままできることは何なのかを夫婦で話し合うことに。

私が協力して欲しいと思うことを一度、全てリスト化しました。

夫に「これは出来る」「これは難しい」と意見をしてもらうことで、これまでより頼りやすくしたのです。


ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」の画像3
pixta_30033048_S

注目したのは、朝の過ごし方


夫は、子どもが起きている時間に帰ってくることは無理。

今までは帰りが遅い分、朝はゆっくり寝ている日も多くありました。

ならば朝に早起きして、「子どもとの時間」を作ってもらうことにしたのです。

出張や朝早い仕事がない日は、夫も子ども達と一緒に起床。

子どもの身支度は夫が手伝い、それが終わると、「朝の会をはじめます」という号令。

家族全員がテーブルにつきます。

そして、昨日の楽しかったことや今日やることを、ひとりずつ発表するのです。


これまでは、夫の帰宅後、私からその日の出来事を伝えていました。

朝の会を始めたことにより、子ども自身が夫へ直接報告できるようになりました。

そして朝の会終了後、夫が子ども達と一緒に登園するように。

今までひとりで慌ただしく3人分の用意をしていたのが、格段に楽になりました。


ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」の画像4
pixta_56252694_S

家族で過ごす時間の、大切さ


家族の時間を夜ではなく朝に持つことにより、夫の帰りが夜遅くなることを不満に思うことは少なくなりました。

まだまだ慣れない早起き。

寝坊し、保育園に向かう車の中で朝の会をする日もあります(笑)

それでも、子ども達と夫の時間が増えたことで、前よりずっと家族として楽しく過ごせていると実感します。

そして、「一人で育児しているわけじゃない」という実感。

これはきっとワンオペママとっては、大きな心の支えではないでしょうか。


子どもの成長とともに環境も変化し、この先も子育ての壁にぶつかることはあるでしょう。

その度に今回のことを思い出し、家族としての"あり方"を見直すキッカケとなれば良いなと、今思っています。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
みずきの画像
みずき

5歳・4歳・2歳の年子三姉妹ワンオペ育児+末っ子長男誕生!4児の母になりました『子だくさんでも仕事も育児も諦めない!』をモットーにママの働き方改革に挑戦中...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ワンオペが加速して夫にヘルプ!欲しかったのは「2人で育てている実感」