1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>

まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>

まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>のタイトル画像

3歳の息子さんが、運動会のお遊戯でみんなと同じように「できないこと」にモヤモヤしていたというむにゃこさん。でも、その陰で息子さんは、ちゃんと「できた」を積み重ねていたのでした。


3歳の息子は発達に凸凹があり、苦手なことがたくさんあります。

特に、お遊戯や体操などでみんなに合わせて動くということが人一倍ニガテ。

保育園の行事では端っこがほぼ定位置で、走り回らないように先生の膝の上にいるということも珍しくありません。

3歳になったばかりの時、保育園の運動会のお遊戯で、他のみんなが音楽に合わせて踊っているときも、端っこでずっと棒立ちで地面を眺めていました。


まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>の画像1


息子には息子のペースがあるということはわかっていても、他のできている子と並んでいると、できていないことがやっぱり気になってしまいます。

そんな中、運動会が終わって数日経ったある日のことです。


まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>の画像2
まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>の画像3


私には「周りに合わせて踊ることができなかった」という部分だけが見えていました。

しかしその裏側では、先生たちの工夫があり、そのおかげで息子は一つの大きな目標をクリアしていたのでした。

思い返してみれば、健診で発達のことを指摘されてからというもの…

とにかく「できない」続きだった息子。


まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>の画像4


私は今まで言われてきたたくさんの「できない」にとらわれて、一つ一つの小さな「できた」が見えなくなっていたのかもしれません。

「どんなに小さなことでも、前よりできることが増えたらそれは”できた”って言うんです」保育園で言われたこの言葉を胸に、息子のペースで小さな”できた”を積み重ねて、一歩ずつ進んでいこうと思います。


(ライター:むにゃこ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. まわりと比べなくていい!“できたこと”を大切にしたい理由<第三回投稿コンテスト NO.127>