1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ワーキングマザーは迷惑…?変わるきっかけをくれた女性上司の話<第三回投稿コンテスト NO.102>

ワーキングマザーは迷惑…?変わるきっかけをくれた女性上司の話<第三回投稿コンテスト NO.102>

ワーキングマザーは迷惑…?変わるきっかけをくれた女性上司の話<第三回投稿コンテスト NO.102>のタイトル画像

出産後も、以前と変わらず、バリバリ働きたいと考えていた、あみちさん。しかしある時、疲労がピークに達し、大事な会議をすっぽかしてしまい…。女性上司にかけられた言葉が、救いになったお話です。


働きながら子どもを育てているわたしにとって、忘れられない人がいます。

第一子の産後、約1年の育休を経て仕事に復帰したときのことです。

配属されたのは出産前とは違う部署。

Nさんという先輩が指導役につき、慣れない業務を親切に教えてくれました。

自身も小学生のお子さんがいるNさんは、明るく面倒見の良い女性。

ちょっとお節介すぎるところもありました。

体調が少し悪くてデスクでうつむいていたとき、Nさんに「大丈夫?今日はもう帰りな!ほら、早く」とうるさいくらいに促され、仕事もそこそこに早退させられたことも。

彼女はいつも「育休後の1年はリハビリ期間みたいなもんよ。今までどおりに働けないのは当たり前。ほどほどに働いてたらいいのよ」と、カラカラ笑いながら言うのでした。

はじめてNさんの考え方を聞いたとき「なんて無責任なこと言うんだろう」と、許せない気持ちがあったのを覚えています。

妊娠前はどちらかというとブラックな働き方をしていたわたし。

時短勤務で早く退社したり、突然休んで周りにフォローしてもらったりするワーキングマザーを少し疎ましく思っていました。

わたしは、他のワーママみたいに人に迷惑をかけるような働き方はしないのだ。

子どもがいない人と変わらない成果をあげたい。

そんな気負いがあったのかもしれません。

Nさんの言葉を背中で聞き流しながら、私は自分の仕事を着実にこなしていました。


ワーキングマザーは迷惑…?変わるきっかけをくれた女性上司の話<第三回投稿コンテスト NO.102>の画像1
pixta_39311522_S


復帰して数ヶ月ほど経ったある日の朝。

着任してはじめて大きな仕事を任され、ときどき残業もしながら頑張っていた矢先のことです。

子どもの夜泣きがひどかった時期で、ちょうど自宅の引っ越しで荷造りに追われていたことも重なって、疲労がピークに達していました。

保育園の送り出しは夫にお願いしたから、自分も軽く家事をしてから出社しよう…とソファに腰かけたところで、意識がふっとんでいました。

気がつくと、時計の針は11時近く。

始業時刻はとっくに過ぎています。

それどころか、午前中に大切な打ち合わせがあったような…。

顔からサーッと血の気が引くのを感じました。

“せっかく周りの信頼を積み重ねようと頑張ってきたのに、最悪だー”

心臓をバクバクさせながら職場に電話すると、Nさんの元気な声が聞こえました。

「最近無理してたもんね。大丈夫大丈夫。こういうときフォローするために私がいるんだから。今日もう休んじゃえば?アハハ」

明るく笑い飛ばすその声に、どれほど救われたことか。

それ以来、他人に迷惑をかけないように意地を張るのはやめました。


ワーキングマザーは迷惑…?変わるきっかけをくれた女性上司の話<第三回投稿コンテスト NO.102>の画像2
pixta_32594019_S


周囲の力を借りる。

無理をしない。

つらくなったら早めにSOSを出す。

子どもを育てながら働くためにとても大事なことです。

Nさんがいなければ、学ぶことができなかったかもしれません。

それから1年ほど経ち、わたしの仕事も軌道に乗ってきたころ、Nさんは体調を崩して休職。

その後、退職してしまいました。

わたし以外にもたくさんの同僚を気づかい、時には上司との調整にも入っていたNさん。

彼女の心労は計りしれません。

Nさんにもらった優しさは、今度はわたしが新米ワーママのフォローをして返していきたいと思っています。


(ライター:あみち)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ワーキングマザーは迷惑…?変わるきっかけをくれた女性上司の話<第三回投稿コンテスト NO.102>