1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>

赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>

赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>のタイトル画像

次男が生まれ、長男の赤ちゃん返りに悩んでいた、あま田こにーさん。しかし、長男のとっさの行動に「ちゃんとお兄ちゃんしてる」と感じ、この子たちは大丈夫、と思えたそうです。


4歳半の長男あーすけ、1歳2ヶ月の次男たーすけ、二人の元気な男の子たちと濃厚な毎日を過ごしている、あま田こにー(アマダ コニー)と申します。


赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>の画像1


二人育児は毎日エモーショナルな出来事でいっぱいです。

今回はその中から、長男あーすけと次男あーすけ「兄弟」の絆を私が初めて実感した出来事について書こうと思います。

次男たーすけを産んだとき、私は、自身の実家にあーすけ(当時3歳、未就園児)を連れて里帰りしていました。

あーすけは、私がたーすけを妊娠していた頃から少しずつ赤ちゃん返りやイヤイヤが激しくなっており、特に産後すぐ、周囲の親戚が「あかちゃんあかちゃん」とばかり言う姿を見て、完全にスネてこじれてしまっていました。


赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>の画像2
赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>の画像3


あーすけには、妊娠中から、赤ちゃんの話をしたり、妊婦健診には一緒に連れて行ってエコーを見たり、それなりに「弟」のことについては伝えてきたつもりでした。

しかし、3歳の子に「この子が弟ですよ」と言ってもピンと来なかったでしょうし、周囲の様子も自分の立場も突然変わって心が揺れていたのだと思います。

弟たーすけを可愛がってあげましょう、とか、お兄ちゃんらしく○○してあげてね、とか、大人が言ってやらせるのは簡単かもしれません。

でも、私としては、本人の心の準備ができていない状態でそういったことを言いたくはないなあ、と考えていました。

(私自身が長女で、弟達がうまれたときに親戚から「姉らしく○○してね」「お姉ちゃんなんだからガマンするんだよ」と言われてモヤモヤっとした経験があります)


赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>の画像4


あーすけにとってたーすけは「突然現れておかあさん達をとっちゃった未知の存在」。

まだ開く準備のできていない心のトビラを無理矢理明けるようなことはしたくなくて。


この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃん返りをこじらせた兄が、弟を“トントン”したあの日のこと<第三回投稿コンテスト NO.101>