1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 1歳児
  6. >
  7. 「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>

「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>

「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>のタイトル画像

息子さんが1歳の時に、保育園への入園を決断したNAKOさん。当時は「寂しい思いをさせているのかな…」と悩むことも多かったそうですが、実際に通いだしてみると、想いが変わったそうです。


私には元気いっぱいな1歳6ヶ月の息子がいます。

そんな息子が1歳になる7月に、保育園に入園してから退園するまでのエモストーリーです。

私自身が幼稚園に通っていたのもあり、自分の子供も幼稚園に入れるものだとばかり思っていました。

でも経済的な理由から、夫と話し合いを重ね、保育園に入れることにしたのです。

まだ1歳なのに、親元から引き離して預けることが正しいのか、寂しい思いをさせてしまうのではないか・・・心のどこかに引っ掛かったまま預け始めました。


「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>の画像1


初めは泣いていた息子も、元々人見知りしない性格のせいか先生にすぐ懐き、年上のお兄ちゃんお姉ちゃんたちに遊んでもらって楽しく過ごしているようでした。

私もママ友ができ、休みの日には公園で遊んだりする仲になりました。


「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>の画像2


12月、保育園に通い始めて半年が経った頃・・・夫に突然に辞令!!

1月のお正月明けに引っ越すことになってしまったのです。

当然、保育園も退園することに・・・。


「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>の画像3


保育園最後の登園の日。

寂しい思いで送り届けた私と、いつも通りお友達に駆け寄っていく息子。

先生たちもどこか寂しそうな様子で息子を迎え入れてくれました。

いつもの時間にお迎えに行くと、いつもと変わらない笑顔の息子が駆け寄ってきました。

涙を浮かべる先生にバイバイタッチをして外に出ると・・・

息子の教室がある1階、そして2階のお兄ちゃんお姉ちゃんのクラスの子たちがベランダに出て、「バイバーイ!」と大きく手を振ってくれていたのです。

これには思わず私も涙が出てしまいました。


「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>の画像4


当初は、小さいうちから親から離すのはどうなんだろうと悩んでいた私ですが、振り返ってみると、歩けるようになったり、おしゃべりしたり、遊んだり・・・

たくさんの刺激を受けて成長してくれました。

愛情をもって接してくれた保育士の先生たちに本当に感謝です。

保育園に入れて良かったと心から思いましたし、そんな良い環境を変えてしまうのであれば、もっと息子が楽しんで生活できる環境にしなくては!と決意した出来事でした。



(ライター:NAKO)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 1歳児
  6. >
  7. 「1歳は早すぎたかな」迷いのあった保育園が、大切な場所になった話<第三回投稿コンテスト NO.93>