1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 娘の目に違和感…落ち込む母を元気づけた、娘のメガネ姿<第三回投稿コンテスト NO.81>

娘の目に違和感…落ち込む母を元気づけた、娘のメガネ姿<第三回投稿コンテスト NO.81>

娘の目に違和感…落ち込む母を元気づけた、娘のメガネ姿<第三回投稿コンテスト NO.81>のタイトル画像

現在7歳の娘さんを育てているみゃーさん。娘さんの目に違和感を感じ、眼科を受診させたのが4歳の頃。診断結果に落ち込むみゃーさんでしたが、娘さんの反応は違ったようです。

娘の弱視


1年生になる男女双子の母です。

娘は弱視と遠視がありメガネをかけています。

私のエモストーリーは、娘の弱視発見からメガネをかけるまでのお話です。


最初に違和感に気づいたのは4歳になった翌月、食事中にお話しする娘の目が寄り目になっていたのです。

主人と一緒に数日様子を見ても、やはりテレビを見たり一生懸命お話しするときに寄り目になることが多かったため眼科を受診しました。視力検査の結果、娘の視力は両目0.5。

診察室でお医者さんが1本のペンライトの光を娘に見せて「いくつに見える?」と聞くと「ふたつ」と答えました。

遠視が強いため寄り目(調節性内斜視)になっており、1本のライトが2本に見えているようです。

その後精密検査を受け、左目は矯正しても0.5しか視力が出ず弱視と診断されました。

お医者さんの話では、「視力は生まれつき備わっているものではなく、目を使ってものを見ることで発達し獲得していく能力で、娘さんは両目に強い遠視があり、左目を使わず見ていたことで弱視になってしまったのでしょう」とのこと。

私は動揺しました。

特にペンライトの一件は娘と自分の見えているものの違いを目の当たりにしショックでした。


娘の目に違和感…落ち込む母を元気づけた、娘のメガネ姿<第三回投稿コンテスト NO.81>の画像1
pixta_50379161_S


娘達が生まれてから4年、一緒に色んな物を見て過ごしました。

公園の草花、絵本、旅行やコンサートなど… 色々な経験をさせようと家族4人で見たはずのものが、娘だけ違って見えていたかもしれない、遠視にもっと早く気づいてあげたかった、とその夜は涙が止まりませんでした。

そんななかショックから立ち直れない私を前向きにしたのは、眼科の待合室での娘の言葉でした。

検査用メガネの視力をあわせてもらい、待合室でかけてみた娘は「よく見える!ママ、あの時計は四角かったんだね!」と壁にかかった時計を見て満面の笑顔!

待合室のソファーから壁の時計までは数メートル… その距離の時計の形が見えていなかった娘… そしてそれがわかったときの嬉しそうな笑顔。

また、ひらがなに興味を持ち始めて絵本の文字を一つ一つ読んでいた娘は、メガネをかけてからスラスラと読めるように!

私は娘の変化を機に、「弱視が早くわかってよかった!これで娘の世界をもっと広げてあげられるのだから落ち込んでばかりではダメだ!」と前向きになることができました。


娘の目に違和感…落ち込む母を元気づけた、娘のメガネ姿<第三回投稿コンテスト NO.81>の画像2
pixta_28832977_S


娘は今7歳。

メガネ歴も3年になりますが、視力の伸びは順調で、今では弱視が治って遠視のためにメガネをかけています。

ちなみに、双子の息子も遠視ですが、メガネをかけるほどではありません。


目の機能は6~7歳に完成するとネットで見たことがあります。

弱視がわかった4歳当時は、もっと早く気づいてあげられればと落ち込みましたが、お医者さんは早くわかってよかったと言ってくださいました。

弱視は3歳児健診やそれ以降に見つかることが多いそうです。

それは小さい子は物を見るときのピントを合わせる能力がとても優れていて、多少視力が悪くてもカバーできることも理由の1つですが、小さい子が視力検査を正確に行うのは難しいと言います。

確かに、眼科で娘が行った視力検査は、機械を覗きこみ気球が遠くにいくのを見る、C字の空いている方向を指差す、など大人が受ける検査と同じであることにびっくりしました。

もし娘が3歳のとき同じ検査を受けたら意味を理解できただろうか、できても最後まで集中して検査できるのか… 難しいと思いました。

そういう意味でも娘には4歳になったばかりのこのときに見つかったのは最速だったのではと思います。

息子の方は4歳でも途中で検査に飽きていたので、C字の向きを適当に答えているんじゃないかと心配でしたから(笑)


これからも娘達を育てながら色々なことに落ち込むことがあると思いますが、自分の感情だけでなく子供達の反応に目を向けて、ネガティブなことも見方を変えて前向きになりながら過ごしていきたいと思っています。


(ライター:みゃー)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 娘の目に違和感…落ち込む母を元気づけた、娘のメガネ姿<第三回投稿コンテスト NO.81>