忙しい時、つい言ってしまう「ちょっと待って」。息子はどんな気持ちなのかな…。のタイトル画像
公開 2020年01月20日  

忙しい時、つい言ってしまう「ちょっと待って」。息子はどんな気持ちなのかな…。

42,347 View

下の子に手がかかり、お兄ちゃんの相手をしてあげられず、「ちょっと待って」と言ってしまうことがあります。そんな時、ふと思い出したのは…?


>シリーズの最初から読む
忙しい時、つい言ってしまう「ちょっと待って」。息子はどんな気持ちなのかな…。の画像1


最近、娘がつかまり立ちをするようになり、後追いも激しくなりました。

泣いてる娘の相手に忙しく、息子の相手がなかなかできないことが続き…。

そんな時、ふと自分が幼かった頃のことを思い出したのです。

私が子どもの頃のこと

忙しい時、つい言ってしまう「ちょっと待って」。息子はどんな気持ちなのかな…。の画像2


私は3姉妹の長女なのですが、まったく“良いお姉ちゃん”ではありませんでした。

「なんで、私ばっかりいつも我慢して…!」と怒っていた記憶も少なくありません。

中でも特に覚えているのが、この習い事の送迎のこと。

今考えてみれば、祖母が近距離のピアノの送迎を、母がバス利用のプール送迎をするのは当然だと思うのですが、当時は「妹ばかり優先されてる」と感じ、ひどく嘆いたのを覚えています。

だから…

忙しい時、つい言ってしまう「ちょっと待って」。息子はどんな気持ちなのかな…。の画像3


私と妹は年が近かったですが、息子と娘の場合は年齢差もありますし、その分ケンカも少ないかなと思います。

でも、自分の経験と重ね合わせて、「もし息子がまだ一人っ子だったとしたら、たくさん構ってあげられたんだもんなぁ…」と考えてしまうこともあります。

4歳の息子だって、まだまだ幼い。

忙しい時にはつい「ちょっと待って」と言ってしまうのですが、しっかりと意識して、息子にも「親と一対一で過ごせる時間」を作ってあげたいなと思います。


※ この記事は2024年05月16日に再公開された記事です。

Share!

兄妹ほんわかエピソードのタイトル画像
兄妹ほんわかエピソード #8
笹吉のタイトル画像 笹吉