1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. ひとりっ子なのに赤ちゃん返り!突然の甘えん坊タイムに思いだしたこと

ひとりっ子なのに赤ちゃん返り!突然の甘えん坊タイムに思いだしたこと

ひとりっ子なのに赤ちゃん返り!突然の甘えん坊タイムに思いだしたことのタイトル画像

「赤ちゃん返り」というと、弟や妹が生まれた時に起こるイメージでしたが。一人っ子の息子が、久しぶりに熱を出して甘えん坊に豹変…!ちょっと大変、でも可愛い。

久しぶりの高熱に親はハラハラ、一方の息子は…


うちの子は基本的に病気が少ない子なのですが、昨年末、久しぶりに熱を出しました。

しかも、2年近く出ていなかった39度越え!

普段が元気なだけに、親の私もかなり焦ります。

子どもの前では平静を装っていますが、「夜中に急変したらどうしよう」「インフルは陰性って言われたけど本当かな?」とハラハラしっぱなし。

そして、普段との違いに戸惑っていたのは私だけではありませんでした。

最近すっかりお兄ちゃんらしくなった6才息子も、なぜかベタベタの甘えん坊に戻ってしまったのです。


ひとりっ子なのに赤ちゃん返り!突然の甘えん坊タイムに思いだしたことの画像1
pixta_32989169_M

熱が下がってきても添い寝&あれもこれも「やって」


寝ている間じゅう、「ずっとここにいて」と添い寝を希望する息子。

最近は一人で寝室に行き、私を待つ間に寝てしまうこともあったのですが、そうもいかないようです。

もともと、高熱の間は近くにいるつもりでしたが、熱が下がってきても添い寝しないとダメ!

この調子なら少し離れても大丈夫かな、家事をしたいな…と思うくらい回復しても、それは叶いません。

しかも、私が仰向けになることは許されず「こっち向いて」と言うので、丸2日、変な姿勢で添い寝をした私は全身バキバキ!

着替えも食事も、とにかく「ママがやって」です。

「体がしんどいもんね、そうだよね」と思っていたのですが、この甘えん坊状態は熱が完全に下がった後もしばらく続きました。


どうしても食べたい!お菓子づくりに付き合うことに


治ってきたら、今度は欠席して食べ損ねた保育園のおやつが気になりだした息子。

念のため休ませたため退屈していたのもあるのでしょう、「スイートポテトパイをつくる!」と言い張ります。

風邪を引く前から楽しみにしていたメニューなので、どうしても食べたい模様。

「今度にしよう」と諭したのですが、まったく聞きません。

「食欲が出てきたのはいいけど、いきなりそんなの食べられる?」「その体調でお菓子づくりするの?」という大人の考えは通用せず。

「スイートポテトパイ」「スイートポテトパイ」の連呼にとうとう私が根負けし、年末で混雑したスーパーへダッシュ。

作ったことのないメニューなのでレシピサイトで作り方を検索し、息子がハナをかむたび中断しつつもサツマイモをつぶさせ、パイシートをしき、大掃除したばかりのオーブンで、大掃除したばかりのオーブンで(大事なことなので2回言いました)お菓子づくり…。

そしてやっぱり、ほとんど食べられない結果となりました。


ひとりっ子なのに赤ちゃん返り!突然の甘えん坊タイムに思いだしたことの画像2
pixta_43169399_M

ふいに顔を出した幼い日々の姿が愛おしい


風邪が完治した後もこの名残はしばらく続き、お風呂ではママに洗ってもらいたがる、「あれとってきて」などなど、自分でできるのにしないことがポツポツと…。

最近、自分のこともお手伝いも上手になっていた息子。

その頼もしい姿に慣れつつあった私は多少ショックを受けつつも、2~3才ごろの「可愛いけど、結構めんどくさい。でも可愛い」という状況を思い出しました。

「うわー、こんなんだったな~」という懐かしさ半分、「最近はずいぶん成長していたんだな~」という関心半分、といったところでしょうか。

育児も、3歩進んで2歩下がる?

親ってどうしても子どもの成長に「期待」をしてしまい、できていたことができなくなった時、不安に感じたり焦ったりしがちです。

でも、きっと、そんなこともあるよね。

そんなことを繰り返しながら、また少しずつ成長していくのだろうな、と。


来年は小学生ですが、思わぬきっかけで来た甘えん坊タイム。

たまにはこんなことがあってもいいのかな、と思います。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、6才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. ひとりっ子なのに赤ちゃん返り!突然の甘えん坊タイムに思いだしたこと