1. 総合トップ
  2. >
  3. モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>

モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>

モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>のタイトル画像

息子が喜ぶなら、と高いおもちゃでも買い与えていたという、パパイヤさん。だけど、何も買わず遊んだ日に、息子から言われた一言に衝撃を受け…。パパから届いたエモエピソードです。


親を困らせ、親に泣かれ、親に叱られた俺が「親」になった。散々「親不孝者」と言われたこの俺が。

まもなく息子が生まれるという時、俺は不安でいっぱいになった。

俺、何するの?

父親って何ができるの?

おむつ替え?

ミルクをあげるとか?

え?それだけ?

そんなことを考えていた時「家事メン」が増えているというニュースを見た。

これからは男も家事をする時代。

よし、とりあえず家事だ。

家事親父だ!俺はそう意気込んだ。


モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>の画像1
pixta_29013183_S


しかし息子が生まれてから3年。

ワケあって、現状ゴミ出ししかさせてもらえない。

なぜかって?

俺が手を出せば「味が濃い」「シンクが汚い」「洗濯物の干し方が雑」と妻が怒るのだ。

家事親父となっても妻を炎上させるばかり。

カレー作りに2時間かかり、最後は鍋を焦がす始末。

買い物だってキャベツとレタスを間違えたり、チラシにはない高い方のタマゴを買うこともしょっちゅう。

そんな俺にこの春、妻からついに戦力外通告。

「もう何もしないで!」



こうして就任したゴミ担当。

出勤前、妻がかけよってきて「はい、あなた」とひと言。

弁当かと思えばゴミ袋!

カレンダーの赤丸は、俺の誕生日じゃなくて燃えるゴミ。

俺ってゴミ以下?

なんならせめて資源ゴミにしてくれ。

ある時息子に聞いてみた。

「パパとママ、どっちが好き?」

「ママ!!」

さすがに悔しかった俺。でも何回聞いたって答えは同じ。

たまらず息子の前で妻をディスってみた。



「なあ、本当はママって鬼なんだぞ」

そこまでして好感度を上げたい俺に息子は言い放つ。

「パパ、わるぐちはダメ」

うわぁー。俺、最低の親父じゃん。

完全にママの勝ち。悔しいのやら切ないのやら。

だけど考えてみれば当然じゃないか。

俺が息子と関われるのは土日だけ。

これで妻に勝とうなんて、もう9回裏から逆転をねらうようなもの。

いくら頑張ったって無理だよなあ。

でもなあ。

しゃくだよな。

俺だって息子に好かれたい。


モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>の画像2
pixta_21560479_S


こうして一発形勢逆転をねらうべく、俺はポイント稼ぎに出る。

その週末、俺はここぞとばかりに息子と近所のショッピングモールに行った。

手始めに300円のガチャガチャで遊び、その次は屋上のミニ遊園地へ。

散々乗り物に乗ったあと、おかし売場を物色。

「買って買って〜」

視線の先にはキャラメル。

もちろんダメとは言わなかった。



だって100円だぜ?

ケチケチするなって。

最後は「鬼門」のおもちゃ売場へ。

昔はよく駄々をこねて、ラジコンをねだったものだ。

あの時うちの親父は本当に俺を置いて帰った。

あとでお袋が血相を変えて探しに来たのは今も忘れない。

怖かったな、親父。

そんなことを懐かしんでいると息子が「パパ」とかけよってきた。

手には戦隊物の変身セット。

何やら暗闇で光り、カードを本体にセットすると豪快な音を発するという。

しかし値札を見れば7,200円。

ゼロの数、多くない?

イイネをつける前にかなり「いい値」である。



「ほしいの?」

(コクンと頷く)

「買ってあげようか」

(超笑顔)

結局、誕生日でもクリスマスでもないのに買ってしまった。

本当にダメな親である。

だけど会計時ふと妻の顔がよぎった。

絶対怒られるよな。

だってこの前もガムを一枚あげただけで「なんですぐあげるの!しつけがなってない」って言ってたもんな。


モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>の画像3
pixta_37586536_S


「ちゃんと躾をして!」

「はい。します」

毎回こうやって場を収めるものの、これじゃ「しつけスルスル詐欺」だよな。

ああまた怒られる。

帰宅後、案の定怒られた。

キャラメルや変身セットを見るなり「あまーい!」と一喝された。

こうして翌週から財布を持つことも車を使うことも禁止に。

「はい!これで遊びにいってきて」

持たされたのはおやつと水筒。

これでどこに遊びにいけるというのだ。

でも仕方ない。

とりあえず息子と家を出た。

歩けど歩けど公園もない。

家ならオモチャもあるし、ゆっくりできる。

帰ろうかなあ。

うーん、だけど家には妻がいるしなあ。

また怒られそうだし。

すすむ。

とまる。

もどる。

身体も心もそんな感じだった。

そんな俺をよそに息子はおやつが食べたいと言い出した。

コンビニのベンチで佇むと「見て見て〜」と息子。

なんとチップスターを2枚口に挟んでアヒルのマネ。



「お、おお」

俺は苦笑い。

だって今朝妻に「食べもので遊ぶな」って言われたばっかりなのに。

子どもって懲りないなあ。

だが横断歩道で、俺はまたしても奇怪な行動を目にすることになる。

信号は青。

右、左、右でさあ渡ろうという時だった。息子は橋でも渡るかのように慎重に白線だけを歩き出した。

「ほら!早く歩かなきゃ」

「ダメ!落ちたらワニが来る!」

え?ワニ?

俺は一瞬目が点になった。

だけどここは車の通過点。

モタモタしている場合じゃない。


モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>の画像4
pixta_46403171_S


「いいから、渡るぞ」

しかし手を引いた途端、息子は「ヤダヤダ」と寝転んだ。

これにはさすがに参った。

一度決めたらテコでも動かない。

信号はいよいよ点滅し始めた。

結局、クラクションを鳴らすドライバーと、手を引く俺がワンチームになって、息子の引き上げにトライ。

無事、事なきを得たのであるが、いやはや魔の3歳児。

先が思いやられるばかりである。



そのあとも息子のあとを追うこと3時間。

足は棒、頭はボーッの帰り道。

目的もなく、目標もなく、ひたすら息子を追った。

ゴールもなく、コースもなく、ただただ小さな背中を追いかけた。

そんな自分をふり返って思った。

俺、何もしてない。

くたくたになった身体を湯が包み、ヘトヘトになった心をビールが癒やした。

その晩、布団に入ると息子はこう言った。

「パパとあそんでたのしかった〜」


モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>の画像5
pixta_42419582_S


その瞬間、俺は身体に電流が走るほどの喜びを感じた。

俺、今日、何もしてないぜ。

俺、今日、何も買ってないぜ。

でも子どもってこんなに喜んでくれるんだな。

ああ、そうか。

親って何かしなくても、ただそこにいて、それだけでいいってこともあるんだな。

息子の笑顔にそう教えられた。


(ライター:パパイヤ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. モノで息子を釣るパパ。買わなかった日、息子から笑顔で言われた一言<第三回投稿コンテスト NO.57>