“甘い物禁止”な家庭に育った私が、育児で「これだけは大切に」と誓っていることのタイトル画像
公開 2020年01月09日   更新 2022年12月23日

“甘い物禁止”な家庭に育った私が、育児で「これだけは大切に」と誓っていること

130,080 View

今はチョコレート王国ベルギーに住んでいるオカンですが、幼少期にはチョコレートの「チョ」の字もありませんでした。そんな私が心に決めていることとは…?


>シリーズの最初から読む


まいどおおきに!

偶然&こじつけやけど、「さとう」という甘い名前をもつ系オカンです。

今回は、子育てに「甘さ」は必要か?という話です。

というのも、オカンの幼少期は全然「甘くなかった」からなんですよね〜。

“甘い物禁止”な家庭に育った私が、育児で「これだけは大切に」と誓っていることの画像1


こんな環境に育った私。

でも、チョコレート王国ベルギーの人と結婚してベルギーで子育てをしていると、1歳ごろからチョコミルクを飲ませるご家庭もありますし、我が子もイースターにたまごの形をしたチョコレートをもらってくるしで…その落差にクラクラしていました。

しかし!

自分のとある「事件」を思い出し、今では「まぁ〜、ありっちゃありか」と考え直したのです。

その事件とは


それはオカンが8歳か9歳の頃、なぜか1人で留守番をしていた時に起こりました。

“甘い物禁止”な家庭に育った私が、育児で「これだけは大切に」と誓っていることの画像2


甘いものに飢えていた小さいオカンは「甘いもので、食べてもバレないもの」を探しました。

お砂糖やコーヒーにいれる粉末ミルクはよく使うので、量が減っていれば一目で分かってしまいます。

以前、家族がいる日に食べてこっぴどく叱られたことがあるので、きっと家族もチェックするでしょう。


それ以外で何か…!

何かないか…!甘い何かは…!

“甘い物禁止”な家庭に育った私が、育児で「これだけは大切に」と誓っていることの画像3


手に取ったのは、糖衣の風邪薬でした。


これなら風邪を引いた時にしかビンを開けないので、減っていてもバレない!

…そう思った幼少期のオカンは、風邪薬をひとつとって口にしました。

そうしたら、あまりの甘さに感動して手が止まらなくなり、一瓶全部なめつくしてしまったのです…。


その時の風邪薬には眠くなる成分が含まれていて、なめているうちにだんだんウツラウツラとなり、フローリングの上で倒れるような形で寝てしまっていて…。

一歩間違えば、重大な事故になる案件でした。

この時は大事には至りませんでしたが、子どもの手の届くところに薬を置いておくのは本当に危険です。

“甘い物禁止”な家庭に育った私が、育児で「これだけは大切に」と誓っていることの画像4


気がつくと自分はフローリングにうつ伏せになっていて、あたりは真っ暗だったのでギョッとしたのを覚えています。

あの頃は、甘いものを口にすると本当に厳しく怒られていたので、後から親に報告することすらしませんでした。


その後の記憶はあいまいですが、思い出すと今でもゾッとする事件。

そして、それと同じようなことが我が子に起きたらと想像すると…。


この話には賛否両論あるとは思うのですが、育児には多少の「甘さ」が必要やと思います。

それは育児される本人にとっても育児する人にとっても、です。



たまには、子どもも自分も甘やかしましょう。

ほなまたね!

※ この記事は2024年04月26日に再公開された記事です。

Share!

ベルギーから、まいどおおきに!のタイトル画像
ベルギーから、まいどおおきに! #56
さとえみのタイトル画像 さとえみ