1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>

別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>

別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>のタイトル画像

ある日、別れた夫のお母さんから電話があり…。涙するあおいさんを救ってくれたのは息子の存在でした。


「ママ!笑って!ねえ、にこにこして!」

私が笑うと、倍返しだ!と言わんばかりに、最近4歳になったばかりの息子はよく笑ってくれます。

突然ですが、うちの息子・・・"彼"はよく笑う子なんです。

彼が笑ってくれるなら、AKB48のフライングゲットを「キンタロー。」ばりに踊ることもあれば、怪獣になってヒーローである彼にやっつけられます。

ママは155cmで力も無いけれど、10畳の小さなリビングで肩車をしたり、時にはお馬さんにも変身します。

小学生になれば、キャッチボールでもなんでも、全力でやってやろうと言う気持ちです。

日々、全力で笑わせにかかっています。

君が笑ってくれるのならば。


別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>の画像1
pixta_57645519_S


そんなこんなで、すったもんだがありまして。

彼が物心つく前に、私と彼のお父さんとは離婚をしました。

いつも笑顔の彼は"お父さん"の顔も覚えていないですし、触れ合った記憶も無いんです。

だからこそ、お父さんの役目も果たせないかなぁ・・・と、私は女優で「一人二役」だといつも思っています。(女優?)

「大変そう」なんて言われるけれど、彼がいればもどうにでもなっちゃうものでして。

22歳の時、彼がお腹にいるらしいと分かってから、毎日飲んでいたお酒はごぼう茶に変わっちゃいましたし。

気づいたらお気に入りのワンピースが、マタニティウェアになっていて。

カツカツ音が鳴るようなヒールは、歩きやすいペタンコのスニーカーになっていて。

当時好きだったサマンサタバサのバッグは、大容量のマザーズバッグになってたりなんかして。



けれども全然、嫌じゃなかった。

ママも彼にも色んな事があったけれど、きっとどこよりも笑いが多くて、毎日小さいリビングには笑いが溢れておりまして。

そんなリビングで、息子が3歳半の頃に突然、朝にトーストと目玉焼きを食べながらこう言って来たんです。

「ねえ、ママー。僕のお父さんは?お名前はなんて言うの?」

・・・

おお・・・ついにこの時が来てしまったのか。

「すみません、ちょっとお尋ねしてもよろしいですか?」とか、3歳児に前振りなんて無いもんな。

今まで「そう聞かれたらこう言おう!」とか、「素敵な言葉で安心させよう!」とか、それとなく頭の中でシュミレーションをしていたのに、どうやらベストな言葉が出てこない。

それで、うーーーん・・・と考えていると、言葉よりも先に涙が出てきてしまったんですよね。


別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>の画像2
pixta_27817755_S


あたし、女優失格だなと思いました。(女優とは)

自分で思っているよりも、どうやら随分とママは弱かったようです。

私はなんて、豆腐みたいなメンタルなんだと。笑

そうやってモゴモゴしていると、彼が私の顔を触って来ました。

「ママ!悲しい?怖い・・?にこにこして!ほら、にこにこー!」

と言って、私のほっぺをむぎゅう〜っとつねって来ました。

いいかい、口角を上げたまえ!と言わんばかりに。

「痛い、痛い・・」

そう言いながら変な顔になっていたらしく、息子はケラケラと笑ってくれました。

「ママ、にこにこしてね」

と言うと、まだ小さい手で私の頭をなでなでしてくれました。

それを見た私は、もう物事が分かっている息子にこう言ったんです。

「よし!お父さんに会えるかどうか聞いてみるね!」

そう言うと、「えぇ!?会いたい・・・!」と、目をまん丸にして、今まで見たことのない照れ臭そうな笑顔を見せてくれました。



私にとっては他人に戻れても、息子にとっては家族です。

それから、「よかったら近いうちに会いませんか?新幹線のチケットを取ろうと思うので、2人でそちらに行きます。」

その一言を"彼のお父さん"にドキドキしながら、どう送ろうかしばらく悩んでしまいました。

そう、悩む必要なんて無いのに、まごまごしてしまったんです。

新幹線のチケットが安い日を確認しながらも、やっぱりまだLINEは送れずにいました。

そうモヤモヤしている中、ある日私は美容室で髪を綺麗にしてもらう事に。

普段しないようなクルンクルンの髪にセットしてもらって、いい匂いのトリートメントでツヤッツヤで・・・もう、ふわっふわに浮ついています。

フットワークが軽くなっちゃって、「よし、今日は息子にデパ地下でケーキでも買っちゃおうかな!」なんて思っていると、突然一通の電話が鳴りました。



「結婚させてください」と挨拶で会ったっきり、4年ぶりに聞く"彼(息子)のおばあちゃん"であり、"元旦那さんのお母さん"の声でした。

晴天の霹靂ってやつでしょうか。

「はい、はい」って聞いているんだけれども、電話の内容が頭に入って来ません。

私は耳栓をしているのか?と言う感じで。

ただ、新幹線のチケットを取っても。

悩んで悩んで・・・LINEを送っても。

「もう、二度と会えない」

と言うことだけは理解しました。

毎月送っていた"彼のにこにこ笑顔の写真"に、「ありがとう」も「大きくなったね」も、どうやらこの先、ずっとずっとLINEに既読のマークもつかないらしい。


別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>の画像3
pixta_45179494_S


うそだ・・・彼になんて言おう。

「遠いお空の国へ行っちゃったのよ」なんていう、ファンタジーな言葉をチョイスすればいいのだろうか。

大人になったら、説明すればいいのだろうか。

そして、彼の"会いたい人"に会う機会を、私が一通のLINEを躊躇したせいで失ってしまった。

「彼が会いたがっています」と、まだ27歳の彼のお父さんに伝えたかった。

そう考えていると、人目もはばからず歩きながら泣いていました。

ママはやっぱり、絹ごし豆腐ばりのメンタルらしいです。

その日、幼稚園にお迎えに行くのも、「顔を見たら泣いてしまいそう」と言う私を心配して、家族が代わりにお迎えに行ってくれました。



「ママ!髪の毛可愛い!」

美容室帰りの私を見て、彼はイケメンなセリフと共に、キラッキラの笑顔で玄関で出迎えてくれました。

いつもの、にこにこ笑顔です。

「あのね、お父さんだけど・・・今はちょっと会えないんだって」

そう言うと、「ふーん、そっか。じゃあ、ママと二人で新幹線でお出かけする」と言ってくれました。

やっぱりやっぱり、君の笑顔でママは泣いてしまいました。

豆腐みたいでごめんね。

すると、いつものように「ママ!どうしたの?ほら、にこにこでしょ?」と顔をつねって来ます。

ほら、いいかね、口角を上げたまえ!と。

満面の笑みでつねってくれます。


別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>の画像4
pixta_57527303_S


そして、それ以来、彼は一度も「お父さんは?」と聞いて来ません。

「お父さんの事を聞くと、ママの笑顔が見れない。泣かせてしまう」と思っているのか、一切聞いて来なくなりました。

でも、大きくなったら、ちゃんと伝えようと思います。

それと、「会いたい人がいたら、今すぐにでも会いに行くんだ!GOだ!好きな女子ができたら好きって言うんだ!細かい事はどうでもいいから!絶対に後悔するなよ!」

と、修造カレンダーに出てくるような、熱血お父さんみたいなセリフを、思春期くらいになったら言おうと思います。

そして、"お父さんの事"を話すと、「あなたの笑顔が消えちゃうかもしれない」けれど、その時はまたママが笑わせにかかろうと思います。

これからも、全力で笑わせようと思います。

君が笑ってくれるのならば。

(ライター:あおい)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 別れた夫を息子になんて説明しよう…迷った後悔に寄り添う笑顔<第三回投稿コンテスト NO.36>