1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>

きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>

きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>のタイトル画像

思い出そうとしても、子育ての感動エピソードが思い出せなかったという、ちょこははさん。その理由に気づいたとき、心が温かくなったといいます。


早いもので、長女は今月2歳になり、次女は生後1か月になった。

自分のことはそっちのけで、夫婦の会話も子供のことばかり。

毎日は子供たち中心に過ぎていく。

そんな中で、一番心に残っている出来事ってなんだろう。

足にまとわりついてくる長女を蹴り飛ばさないように注意しつつ、次女を抱っこでユラユラしながら考えてみる。



解読不明の謎の創作ソングを、ものすごい大声で歌いながら母の周りを走りまわる2歳児。

2年前は、今腕の中でみじろぎしている次女のように、フニャフニャの赤ちゃんだったのだ。

改めてその大きな成長に驚く。子供の2年って本当にすごい。

母なんて、2年間で変わったのは白髪が増えたことくらいなのに。



さて、初めての子供が誕生して、それが飛んで走って歌うまでに成長し、さらには2人目も生まれたのだ。

この2年の間には、それはそれは感動的なドラマがあったに違いない。

...のだが

おや、おかしい、母は何も思い出せないよ。

いやいや、初めての寝返り、立っち、一人歩き、初めて話した言葉、イヤイヤ期に赤ちゃん返り、いろいろ経験しているはず。何かあるでしょ。

頭を振って考えてみても、やはり何も浮かんでこない。


きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>の画像1
pixta_47016966_S


正確にいうと、もちろんそれらは記憶にあるし、記録も大量にある。

親バカのご多分に漏れず、スマホのストレージは子供達の写真や動画で常にパンパンなのだ。

しかしながら、見返しても『これが一番!』と心が動くものがない。

懐かしくはあっても、なぜか『まるで昨日のことのように、目にも鮮やかに蘇る』『今思い出しても泣けてくる』というほどの感動がない。



たしかに、君たちの母は、昔からドライな方だった。

しかしだよ、まさか可愛い我が子のことにも心動かないなんて。

立派な親バカを自負しているのにどういうことか。


赤ちゃんのお世話による寝不足でぼうっとしているのかしら?

それとも、2年間、機械的に家事育児へ没頭するあまり、脳みそフリーズしてる...?



自分の心と脳みその健全性をを訝しみ、次女を抱っこしながら固まる母へ、長女が片言で話しかけてきた。

「ねぇねぇ、おたーたん」

舌足らずながら、おしゃべりが上手になってきた長女。

「あ、はいはい、なぁに」

我にかえり返事をする。

「おたーたんはねー、次女ちゃん抱っこしてー、の、長女ちゃんおんぶしてー、そのまま、あっちに、行ってー、パン食べるーの。お腹すいたー、の。」


きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>の画像2
pixta_30685426_S

出た出た、最近被害が増加している長女の『お腹すいた詐欺』。

お腹が空いてもいないのにパンやら果物やらを欲しがり、一口かじってはポイして、また別の食べ物を要求してくる。

眉を寄せて、大層困った顔でお腹をポンポンするジェスチャー付きで、お父さんやじいじばあばをコロッと騙す巧妙な手口である。

母は騙されないぞ。しかも、今回は赤ちゃん抱っこしながら、君をおんぶするんかい。重っ。

「えー、さっきご飯食べたでしょう、ほんとにお腹すいて...」

...って、ちょっと待って。いつものように返事をしかけて、一拍遅れて長女の発言に驚いた。

君、今、ものすごく長い文章を話していらっしゃいませんでした?



『おたーたん』と母に呼びかけるようになったのは割りと最近で、たしか次女が産まれる直前、1歳10か月頃だった。

『みにゅ、のむー(水飲む)』と、二語文を初めて口にしたのは、たった1、2週間前。

それが、今のはどういうことか。

主語のお母さんを筆頭に、自分と次女も登場させた上、抱っこ・おんぶの動作に加えて、さらに移動してパンを食べると、要素テンコ盛り。



2歳になった途端こんなに話せるの?

まさか...!薄々感づいていたけれど…もしかして、我が子天才!?

そして、変なところにたびたび登場する、謎の『の』が可愛すぎるだろ。

天才な上に天使か。

一人取り乱す母。



この衝撃は、仕事で帰りの遅い夫にも絶対に伝えなければと、スマホを構える。

「長女ちゃん、もう一回!」

動画を回し続けるが、一向に喋らない長女。それでも粘る母に、さらに長女が一言。

「あ、次女ちゃん、笑ってるねー。次女ちゃんかわうぃーねー」

「そうだね、かわうぃーね...」

...と、またしても返事をしかけて、その光景に驚く。

ほんとだ、次女ちゃんが笑っているではないか!産まれて1か月、初めての満面の笑み!



次女の笑顔も写真に撮らなくては。

スマホを構えて連写するが、時すでに遅し。

結局、動画も写真も上手く撮れなかったので、夫にはひとまずメッセージで感動を伝えておく。

一息ついて、取り損ないの画像を見てみる。

スマホを奪おうと手を伸ばしてくる長女のドアップと、次女の見事な半目変顔写真の数々。

思わず吹き出し、この面白画像も夫に送って共有する。



ここでハタと気がついた。

今まさに、すごく心動いてた。

立派な親バカとして恥じることのない取り乱しっぷり、心の健全性は問題なさそうである。

ではなぜ、一番の感動エピソードが思いつかないのか。

その理由にも思い至った。


きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>の画像4
pixta_30476792_S


長女が初めて寝返りしたとき、立ったとき、歩いたとき、次女が産まれたとき、もちろんどれも感動したけれど、それ以上に、今日の出来事が圧倒的な輝きで母の心に刻まれる。

日々感じる長女の大きな成長や次女のささいな変化、毎日『今日が一番』すごくて、過去を振り返っている暇もない。

毎日毎日が、昨日を軽く超えて、母の子育て史上最高に愛しい日に認定されているのだった。

ああ、何て幸せ…。



そんな考えに浸っているうちに、腕の中で大人しくしてい次女が、のけぞって泣き出した。

空腹に耐えかねたらしく、自分の拳を必死にしゃぶっている。

授乳するためにクッションを持って座ろうとすると、やきもちを焼いた長女がクッションを取り上げ、母が座ろうとした場所に突っ伏して、耳をつんざくような声で泣き出した。

母はしばし心を無にして長女が落ち着くのを待つ。

...史上最高の日にも、こんな瞬間はつきものだ。うん、想定内。

こういうの、日々キレイに忘れていかないと、身が持たない。

結果として、昨日までの記憶がどんどんどんどん薄れているわけで、脳みその健全性には若干の疑問が残ったものの、母はこれからも、君たちからもらう感動を毎日上書きで更新していこうと思うのだ。


(ライター:ちょこはは)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. きょうがきのうを超えてくる。感動エピが思い出せないのは幸せだから<第三回投稿コンテスト NO.31>