1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」

お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」

お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」のタイトル画像

自分の欲しいものは、自分で買う。それが我が家のシステムです。

給料制度と特別財源


我が家は、家のお仕事をすることによる「給料制」にしています。

お年玉は大きな収入なので、普通の給料とは別の「特別財源」としています。

お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」の画像1


鉛筆や消しゴムなどは特にすぐ失くしてしまうので、自分のお金で買うとなれば大切にするかな…と思い、必要物ではあるものの、特別財源から買うことにしています。

そのおかげか、特に長女は、金額やデザインなどを吟味してから買っている様子。

とはいえ年度始めのタイミングや、毎月のお便りで学校から指定されたものは買ってあげているので、曖昧な部分もあるのですが…。

ただし、失くしたり壊したりした場合は、自分のお金で買うことにしています。

お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」の画像2


最初は特別財源も給料と同様、銀行に預金する分を除いたら現金でプールして出納していたのですが…。

金額が大きい分、小銭の管理や両替などが大変になったため、やり方を再検討。

最初に家計の財布で預かって、必要な際には家計財布から出してお釣りも家計財布に戻し、数字だけ通帳(市販のおこづかい帳やノート)に記載する形で落ちつきました。

このシステム、子どもの反応は?

お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」の画像3


何か欲しいものがあれば、お給料と特別財源の使い道も含めて、節約したり計画を立てたりするかなあと思ったのですが…。

まだそこまで高額の物に対する欲はないようで、普段のお給料での買い物と、誕生日とクリスマスで充分なようです。

そのため、今のところ特別財源はあまり使われていません。

中学生高校生となり、服など好きなものを自分で買いたがるようになれば、また変わってくるのかな…?

このシステムは基本的には変えるつもりはありませんが、成長に合わせて、その都度見直していこうと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ナコの画像
ナコ

2009年7月生まれの長女 ゆかり、2012年4月生まれの次女 とうこ、2018年8月生まれの三女 あい の三姉妹の母でございます。
仕事はイラストレーターや...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」