1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの歯の生える時期と、虫歯から守るために気をつけたいこと

赤ちゃんの歯の生える時期と、虫歯から守るために気をつけたいこと

赤ちゃんの歯の生える時期と、虫歯から守るために気をつけたいことのタイトル画像

泣いて、おっぱいやミルクを飲んで、眠る……の繰り返しだった生後間もない赤ちゃんに、やがて、前歯が生え始めます。お母さんやお父さんにとっては宝石のように見える、かわいらしい赤ちゃんの歯。歯はどのように生えていき、虫歯から守るためにはどんなことが必要なのでしょうか? 

赤ちゃんの歯の生える時期

子どもの発達全般と同じように、歯の生え方にも個人差が大きいものですが、大まかに見て、各部位の乳歯が生え始める時期があります。



・生後6ヵ月以降:前歯が生え始める。

・1歳前~1歳代前半:前歯8本がそろってくる。

・1歳半前後:奥歯が生え始める。

赤ちゃんの歯の生える時期と、虫歯から守るために気をつけたいことの画像1

歯みがきはいつから?

歯が生えてくると気になってくるのが「歯みがきはいつから?」という疑問。乳歯の前歯の生え始めは、よだれの量も豊富で、母乳やミルクを洗い流してくれるそうです。歯みがきはまだしなくて大丈夫ですが、お口の中をきれいにするという習慣づけのために、授乳後に、湿らせたガーゼなどでおそうじをしてあげてもいいでしょう。



離乳食のあとに湯冷ましを飲む習慣をつけてあげると、お口のそうじになります。湯冷ましを飲ませる時は、スプーンを使ったり、多少こぼれてしまってもコップで飲ませる方が、口の中がすっきりします。

虫歯を防ぐには?

そして、お口の中の掃除の習慣づけも大切ですが、歯の生え始めから2歳代ぐらいまでは特に、虫歯の原因であるミュータンス菌の口内への侵入を防ぎましょう!虫歯は、「ミュータンス菌」が大人から赤ちゃんに感染することでできてしまいます。



ミュータンス菌は以下のような性質を持っています。

・唾液を介して感染します。

・一度感染すると、一生口の中から排除できません。

・完全に排除することはできないが、うがいや歯磨きで減らすことはできます。

ミュータンス菌の感染を防ぐには?

ミュータンス菌の感染を少しでも防ぐには以下の点に注意してください。



・かわいさのあまりの過剰なキスはNGです!

・スプーンや食器に、その子以外の人の唾液がつかないようにしましょう。

・離乳食の味見、温度見のときもスプーンを別にしましょう。

・赤ちゃんと日常的に接する家族も、虫歯を治しておきましょう。

虫歯のできにくい歯にするために

初めての歯が生えてきてから2歳半ぐらいまでの間の感染に徹底的に注意しましょう。その頃を過ぎると、他の菌が口の中に入ってくることもグンと増えるため、ミュータンス菌が口の中に入りづらくなるそうです。特に、ミュータンス菌の大好物である、甘いものを控えることがおすすめです。



また、口の中の食べ物の滞在時間を減らしましょう。甘くないからといって、ソフトせんべいなどをダラダラ食べるのも好ましくありません。最後に、汚れを流してくれる唾液の量は、寝ている間は減ってしまうので、寝る前の歯磨きは欠かさないようにしましょう。

「かむこと」と「歯並び」の関係

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 しつけ・お世話 子どもの歯磨き

この記事を書いた人

千葉美奈子

ベビーマッサージ、親子リズム遊びなどのイベントを開催しながら、中2、小6、小5、小2、3歳の四男一女の子育てをしてきました。
転勤族で東北、関東、北海道の5つ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの歯の生える時期と、虫歯から守るために気をつけたいこと