1. 総合トップ
  2. >
  3. 病気・怪我・健康
  4. >
  5. 生まれながらの病気に、落ち込む日々。私を変えた、ある夫婦の言葉<第三回投稿コンテスト NO.8>

生まれながらの病気に、落ち込む日々。私を変えた、ある夫婦の言葉<第三回投稿コンテスト NO.8>

生まれながらの病気に、落ち込む日々。私を変えた、ある夫婦の言葉<第三回投稿コンテスト NO.8>のタイトル画像

「口唇口蓋裂」で産まれた娘さんを育てられている、ちょるりさん。後ろ向きな日々を変えてくれたのは、ある夫婦との出会いだったそうです。

可愛い娘は口唇口蓋裂


我が家の次女は先天性異常の「口唇口蓋裂」をもって産まれました。

お腹の中でくっつくはずだった左右の唇と歯茎がくっつき切らなかったのです。


生まれながらの病気に、落ち込む日々。私を変えた、ある夫婦の言葉<第三回投稿コンテスト NO.8>の画像1


担当医によると、時間はかかりますが、キレイに治療することもできるとのことで、何より次女はすごく元気です。

ただ次女が産まれてから当分の間、私は情緒不安定でした。

次女に対するなんとも言えない罪悪感や今後への不安で、夜中に1人よく泣いていました。

今日は、そんな私が前向きになるきっかけとなったエモストーリーと、今の心境をお話しさせてください。


はじめてのお散歩


それは次女が生後2ヶ月の時です。

産後の1ヶ月健診を無事に終え、ついに日常生活がスタートしました。

そこで、まだ幼い長女もいる我が家が避けて通れないのが「お散歩」!!

長女はお散歩大好きですし、次女も少しずつ外の空気に慣らしたい。

でも口唇口蓋裂を見た人にどんな反応をされ、何を言われてしまうのか…。

想像を膨らましては気が重くなるばかりです。


生まれながらの病気に、落ち込む日々。私を変えた、ある夫婦の言葉<第三回投稿コンテスト NO.8>の画像2

ですがそうも言ってられず、気が進まないまま準備をし、次女をベビーカーにのせて家を出ました。

「ごめんね…」心の中で呟きながら、寝てるわけでもないのにベビーカーのサンシェードを全て閉め切って。


この記事を書いた人
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』の画像
第三回 記事投稿コンテスト『最大のエモストーリー』

第3回コノビー記事投稿コンテストの一次選考を通過したご応募記事を公開しています。ご応募は2020年1月5日まで!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 病気・怪我・健康
  4. >
  5. 生まれながらの病気に、落ち込む日々。私を変えた、ある夫婦の言葉<第三回投稿コンテスト NO.8>