1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. しつけ厳しめの夫×のびのび育てたい妻の絶妙バランス!安めぐみさんの育児

しつけ厳しめの夫×のびのび育てたい妻の絶妙バランス!安めぐみさんの育児(2ページ目)

しつけ厳しめの夫×のびのび育てたい妻の絶妙バランス!安めぐみさんの育児のタイトル画像

2015年に女の子を出産した安めぐみさん。旦那さまである東 貴博さんとは性格が正反対の夫婦だそうで、子育てにおいてもそのバランスの妙が発揮されているようです。二人でどんな子育てをしているのでしょうか?

しつけ厳しめの夫×のびのび育てたい妻の絶妙バランス!安めぐみさんの育児の画像1


―― 確かに男の人にとっては、赤ちゃんのお世話は戸惑うことのほうが多いかもしれません……。

最初のうちは、娘がなぜ泣いているのか分からなくて、夫も戸惑っていたようです。
抱っこしていてもなかなか泣き止まないと、「おっぱいじゃないかな」と、すぐ私のところに連れてきたり。
おむつ替えもはじめはうまくいかなくて、うんちのときはいつも私が呼ばれていました。

でも、やっぱり初めてですから、できないのは仕方ないですよね。
夫も忙しい合間を縫って、私の負担が軽くなるようにサポートをしてくれていました。
沐浴や抱っこ紐でのお出かけも、積極的にやってくれましたね。

産後1〜2カ月の記憶があまりない

―― ご自身も初めての子育てで、大変なことが多かったのでは?

出産するまでは、赤ちゃんが生まれたら母乳は自然に出るものだと思っていたんです。
でも実際は全然母乳が出なくて。
娘もうまく吸えないのでとても困りました。
ミルクと混合にしたり助産院でマッサージを受けたり、いろいろ試行錯誤しましたね。
あんなに授乳が大変だとは、妊娠中は想像もしていませんでした。

産後しばらくは無我夢中で、今振り返っても当時の記憶があまりないんです。
体力的にも無理が重なり、私が高熱で倒れてしまったこともありました。
はじめの1~2カ月は本当に必死で、3カ月目くらいからようやく少し余裕がもてるようになりました。


―― 生まれてみないと分からないことも多いと思います。

産後のサポート体制を、もっときちんと整えておけばよかったです。
「何とかなるだろう」と軽く考えていたのですが、産後の生活は想像した以上に大変で、かなりバタバタしてしまいました。

娘が生まれてすぐ、夫が泊まりの仕事で定期的に家を空けなければいけないことがあったんです。
生後間もない赤ちゃんと2人きりで夜を過ごすのが、とても心細くて。
寝ている娘がちゃんと息をしているか心配になって、夜中に何度も顔をのぞき込んで確認したりしていました。

そんな中でも親が泊まりに来てくれたり、友達が遊びに来て食事をつくり置きしてくれたりして、とても助けられました。


―― 周りの人たちにも支えられたんですね。

兄に子どもが2人いるのですが、子育ての先輩であるお義姉さんにはいろいろな相談に乗ってもらいました。
娘が便秘で悩んでいたら、「こうやってマッサージをするといいよ」と、動画を撮って送ってくれたこともあります。

しつけ厳しめの夫×のびのび育てたい妻の絶妙バランス!安めぐみさんの育児の画像2


あとは友人達も結構頻繁に来てくれたので、とても良い気分転換になりました。
母乳マッサージのために通っていた助産院でも、悩みをたくさん聞いてもらいましたね。
娘のことはかわいくて仕方ないのに、子育ては全てが初めてで戸惑うことも多くて。
周りには本当に助けられたと思います。

パパの舞台を真剣な目で観る娘

―― 赤ちゃん時代に印象に残っている思い出は?

とにかく娘の成長の過程が全部新鮮でした。
夫が仕事で不在がちだったので、「おもちゃをつかめるようになった」とか「新しい言葉をしゃべった」とか、初めてできたことは全部、動画や写真に撮って送っていましたね。

また、夫は仕事柄もあって家に人を呼ぶことが多く、そのせいか娘は小さい頃から人見知りがありません。
赤ちゃんのときも家に人が集まると、手をパチパチ叩いて喜んでいました。

生後5カ月くらいのときには、3人で初めての家族旅行にも出かけました。
娘は生まれて初めての飛行機だったので、機内でグズらないように座席の位置や時間帯も工夫して。
私もすごくドキドキしたのですが、拍子抜けするくらいニコニコとご機嫌で飛行機に乗ってくれました。
今振り返っても、とても楽しい思い出です。


―― 最近のご家族での過ごし方は?

公園に遊びに行ったり、近くで外食をしたりすることが多いですね。
夫の実家が浅草なので、浅草にもよく行きます。
娘は花やしきが大好きで、「おばあちゃんに会ったあとに花やしきに行く」というのが定番コースのようになっています。

娘のお気に入りは回転型のアトラクションですが、実は私は回転する乗り物が大の苦手。
でも、娘が一緒に乗りたがるので、目をつぶって「早く終われー!」と念じながら頑張って乗っています。
アトラクションの中は暗いので、目をつぶっていることは娘には内緒です(笑)。

この記事を書いた人
Conobieスペシャルインタビューの画像
Conobieスペシャルインタビュー

コノビー世代が気になるあの人に、子育てや日々の思いなどをインタビューするスペシャル企画です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. しつけ厳しめの夫×のびのび育てたい妻の絶妙バランス!安めぐみさんの育児