1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「授乳クッションなしで失敗、大泣き」ほんとそれ~なママの声

「授乳クッションなしで失敗、大泣き」ほんとそれ~なママの声

「授乳クッションなしで失敗、大泣き」ほんとそれ~なママの声のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Q.外出先での授乳で困ったことは?

「授乳クッションなしで失敗、大泣き」ほんとそれ~なママの声の画像1

※2019年11月26日〜27日(コノビー公式Twitterより)

授乳室、どこにあるの?


授乳のタイミングを見て外出したつもりでも、赤ちゃんは急におっぱいやミルクを欲しがりますよね。

出先で困った体験の1位は、「授乳室が見つからない」(55%)でした。

商業施設なら用意されていることが多いですが、使用中で待つことも…。

2位は「授乳に必要なものを忘れた」(17%)、3位は「周りの目が気になる」(16%)でした。


ベビーカーがすれ違えない。そんなことある!?

ベビーカーがすれ違えない。そんなことある!?


コメント欄には、困った体験がぞくぞくと寄せられました。

「授乳室の入口が狭くて、ベビーカーですれ違えなくて困りました」

これは大きめのショッピングモールでの話だそう。

ベビーカーがすれ違えないことなんて、あるのですね(汗)

ほかには、家と授乳環境が違うことで戸惑ったケースも。

「家では授乳クッションを使っているので、クッションなしでの授乳がうまくいきませんでした」

赤ちゃんは授乳時のポジションが気に入らずに大泣きしてしまい、おっぱいをうまく飲めない悪循環に陥ってしまいました。

この親御さんは、「家でもたまにクッションなしで授乳の練習をするようにしています」と書かれていました。

あらゆるケースを想定した訓練が必要なのでしょうか。

アンケートにご協力くださり、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)



コノビー記事投稿コンテスト開催中!!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「授乳クッションなしで失敗、大泣き」ほんとそれ~なママの声