1. >
  2. >
  3. >
  4. 〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編のタイトル画像

家族みんなが「ただいま!」と帰りたくなる家庭づくりを目指して活動する、NPO法人tadaima!さんによるご家庭コンサルティングサービスのレポート、後編!「整理整頓」という宿題を終えて、高橋家がどう変わるのでしょうか?

いざ、おうち改革!まずは「宿題」から

前回のおうち訪問で、カウンセリングを受けながら理想のお家空間についてイメージを固めた高橋夫婦。その理想の形に近づけるため、次回訪問までの1ヶ月は『整理整頓』が宿題です。特にリビングに置かれた大きな棚の整理が肝。まずは整理、つまりいらない物をどんどん捨てることを徹底的に行うことが目標です。

前編からご覧ください♪

やろう!と思っても、しばらくすると心が折れてしまう・・・そんな人でも安心のサポートとは?

整理整頓をしよう!衣替えをしよう!大掃除をしよう!!と思っても、そのモチベーションがなかなか持続しない人も多いはず。特に子育て中のご家庭では、片付けようと思ってもまとまった時間がとれなかったり、小さなお子さまが寝てから片付けをしようと思うと大きな音が出せなかったり。なかなか思うようにいかないものです。



そんなご家庭でもしっかりと宿題を進められるように、tadaima!さんでは、写真付メッセージで中間報告をする決まりが・・・!高橋家は共働きのため、ご夫婦そろって片付けができるのは土日が中心。1週間ごとにその進捗を写メで撮り、tadaima!さんに送ります。

▲「一つ棚が空きました!」と写メで報告する奥さま

▲報告を受け、三木さんからコメント



報告をあげるだけでなく、困っていることはないですか?と、お家パートナーが丁寧に聞いてくれ、かつ、「よく頑張りましたね!」と褒めてもらえるので、心が折れそうになっても、最後まで頑張ることができるのです。

片付ける場所を決めたら、そこにある物をすべて出し、潔く捨てる

「とにかく物が多い!」というご家庭では、一つひとつの棚にある物を整理整頓し、物量を減らしていきましょう。それだけで見た目がスッキリします。

高橋家では、おもちゃの量も課題でした。おもちゃ棚から溢れるおもちゃ、ぬいぐるみ、そして次々に増える幼稚園保育園での成果物・・・

それらもすべて、整理整頓していきます!

【Before】散乱しているおもちゃ棚・・・足りずにBOXがどんどん追加されている状態

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

NPO法人tadaima! 三木 智有

10年後も「ただいま!」と帰りたくなる家庭にしよう!をスローガンに家事シェアを広める活動を行っています。
家事を家族でシェアすることで、家族はもっと笑顔に、そ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編