1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編のタイトル画像

家族みんなが「ただいま!」と帰りたくなる家庭づくりを目指して活動する、NPO法人tadaima!さんによるご家庭コンサルティングサービスのレポート、後編!「整理整頓」という宿題を終えて、高橋家がどう変わるのでしょうか?

いざ、おうち改革!まずは「宿題」から

前回のおうち訪問で、カウンセリングを受けながら理想のお家空間についてイメージを固めた高橋夫婦。その理想の形に近づけるため、次回訪問までの1ヶ月は『整理整頓』が宿題です。特にリビングに置かれた大きな棚の整理が肝。まずは整理、つまりいらない物をどんどん捨てることを徹底的に行うことが目標です。

やろう!と思っても、しばらくすると心が折れてしまう・・・そんな人でも安心のサポートとは?

整理整頓をしよう!衣替えをしよう!大掃除をしよう!!と思っても、そのモチベーションがなかなか持続しない人も多いはず。特に子育て中のご家庭では、片付けようと思ってもまとまった時間がとれなかったり、小さなお子さまが寝てから片付けをしようと思うと大きな音が出せなかったり。なかなか思うようにいかないものです。



そんなご家庭でもしっかりと宿題を進められるように、tadaima!さんでは、写真付メッセージで中間報告をする決まりが・・・!高橋家は共働きのため、ご夫婦そろって片付けができるのは土日が中心。1週間ごとにその進捗を写メで撮り、tadaima!さんに送ります。

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像1

▲「一つ棚が空きました!」と写メで報告する奥さま

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像2

▲報告を受け、三木さんからコメント



報告をあげるだけでなく、困っていることはないですか?と、お家パートナーが丁寧に聞いてくれ、かつ、「よく頑張りましたね!」と褒めてもらえるので、心が折れそうになっても、最後まで頑張ることができるのです。

片付ける場所を決めたら、そこにある物をすべて出し、潔く捨てる

「とにかく物が多い!」というご家庭では、一つひとつの棚にある物を整理整頓し、物量を減らしていきましょう。それだけで見た目がスッキリします。

高橋家では、おもちゃの量も課題でした。おもちゃ棚から溢れるおもちゃ、ぬいぐるみ、そして次々に増える幼稚園保育園での成果物・・・

それらもすべて、整理整頓していきます!

箱の中身を一度全部出して・・・

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像3

【After】あまり使っていない物は思い切って捨てて、必要な物だけに!2箱分あったものを、1箱にするなどして、収納スペースを空けていきます。

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像4

報告を続けるともらえる、お家準備パックREPORT!

こうして一つひとつ宿題をこなし、写メでレポートを送り続けていると・・・tadaima!さんから、おうち準備パックREPOTが届きます!理想のおうちのゴールと、頑張って整理整頓したBeforeAfterがきれいにまとめられています。



こんなREPORTをもらったら、最後まで頑張るしかありません・・・!(笑)

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像5

おうちサポーターに励まされながら、何とか二回目のお家訪問までに宿題を終わらせた高橋家。これからどんなお家に変わるか、楽しみですね!

いよいよ、2回目の訪問!再度コンサルティングから

宿題の進捗確認をしてもらいながら迎えた二回目の訪問。

どんな空間にすれば、子どもたちの遊び場を確保しながら、ご主人と奥さまがくつろげる空間ができるのか?再度すり合わせをしていきます。

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像6
〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像7

配置が決まったら、家具を動かしていきます!

------------------------------------

まずはダイニングルーム

------------------------------------

BOXの中身を半分ほど空っぽにした棚。列を解体し、テレビの配置を変え、理想のダイニングルームの空間作りをしていきます。

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像8
〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像9

息子さんが見守る中、物でみっちりだった棚を解体し、テレビ台の配置を変えて・・・・



ついに、ダイニングルームの完成です!





【Before】リビングの真ん中にダイニングテーブルが鎮座し、物が多く、片付いていない印象

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像10

【After】とってもスッキリしたリビングスペース!

物が減り、子どもが走り回れるほどのスペースもできました!同じ間取りとは思えないほどの開放感です・・・!

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像11

今まで棚に囲まれていたダイニングルーム。スッキリとした壁にテレビ台を入れることで、食事をしながら、お茶をしながら家族団欒できる空間の完成です。

大量にあった物を整理し減らすだけで、こんなに素敵な空間ができるとは…!まだまだ空いているBOXもあるため、これから物が増えても大丈夫です!

--------------------------------

お次はキッズスペース

--------------------------------

おもちゃであふれかえっていたキッズスペース。宿題をしておいたおかげで、おもちゃがあふれることなく、余裕をもっておもちゃや絵本が収納できるように!よく使うぬいぐるみは、手に取りやすい場所においておきます。

そしてここでtadaima!さんの一工夫。

整理整頓をしたことによって生まれた空っぽのBOXと、解体した棚の板を使って・・・

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像12

即席!お絵かき台の完成です!!!

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像13

ちょっとしたアイデアがあれば、お家にある物を使って、こんなにかわいいスペースをつくることもできるのですね。



そしてキッズルーム全体は、このように変貌を遂げています!



【Before】

おもちゃが飛び出し、子どもたちが遊べるスペースも狭めなお部屋が・・・

〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編の画像14

【After】広々としたキッズスペーススペースに生まれ変わりました!テレビの位置を移動し、キッズスペースはおもちゃの収納場所をゆったり確保したことで、スッキリ片付いている印象です。

三面ある壁沿いすべてにあったおもちゃ棚を一面にまとめることで、空間が広がり、かなりスッキリ!子どもたちが走り回っても十分なスペースがあります。



ゆったり空間で、パパと子どもたちがのびのびとじゃれあったり♪

部屋が広くなって、息子さんもごきげんです。

「物が多い」「収納スペースがない」というお悩み。まずはキホンの「整理整頓」から

子どもの洋服におもちゃ、生活用品と、家族が増えるごとにどんどん増えていく“モノ”。あなたが今のお家に満足していないとしたら、まずはキホンの「整理整頓」から始めてみてはいかがでしょうか。思いきって物の量を減らすだけで、狭いな~住みづらいな~と思っていた空間が、全く違うものに生まれ変わることでしょう。



でも、自分たちだけではどうにもならない、手がつけられない・・・!というご家庭は、tadaima!さんのような住まいのプロフェッショナルにサポートしてもらうのも手かもしれません。

収納、インテリアだけではない、「暮らし」の悩みを解決するために

今回お家改造をした高橋家の悩みは、「物が多い」「整理ができない」というもの。しかし、他の多くのご家庭では、収納やインテリアだけではなく、ご家庭の中でうまく家事分担ができていない!という悩みが多いといいます。





次回からは、tadaima!代表三木さんご本人より、「ただいま!」と帰りたくなるお家作りの秘訣、『家事シェア』について、惜しみなくお伝えいただきます。ぜひお楽しみに♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
NPO法人tadaima! 三木 智有の画像
NPO法人tadaima! 三木 智有

10年後も「ただいま!」と帰りたくなる家庭にしよう!をスローガンに家事シェアを広める活動を行っています。
家事を家族でシェアすることで、家族はもっと笑顔に、そ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 〜プロのお片付けで、みんなが笑顔で過ごせる家づくり〜 後編