1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!

大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!

大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!のタイトル画像

ベルギー在住だからこそのリフレッシュ方法かもしれない。でも…こういう気持ちになること、ありませんか?


まいどおおきに!「ヨーロッパのどのへん?」と言われがちなベルギーで、地元人夫と一緒に三姉妹を育ててる系主婦のさとえみです。

今回は、そんなベルギーの位置を利用した、私の“リセット方法”のお話です。

家族が好き!…だけど、1人の時間も好き。

大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!の画像1


私は子どもがいる時は「育児」をしているし、いない時は「育児漫画」を描いていて…。

夫は半分くらい仕事を休んでいるので、ずっと私の隣の席で絵を描いたりしてるんです…。

だから、家にいる間は全て家族・家族・家族!

なんか問題あるの?と聞かれればなんの問題もなく、むしろ楽しくて幸せで最高の人生なんですけど…それでも襲ってくる「1人になりたい」という気持ち。


どちらかというと1人でいることが多い人生だったので、家族を持ってからも、それまでとの落差に体がまだ慣れてないのかもしれません。

今まで長年砂漠にいて渇きまくっていた体に、突然大量の水を投入してもあっという間に許容量を超えてしまい、「ちょw うれしいけど、ちょっとタンマ!w」みたいになるのと同じ感じかもしれません。


「最高に幸せなんやけど、ちょっと1人になってくるわ」

…ということで、月1くらいの頻度で仕事の予定を入れて、2〜3日程度のひとり旅に出かけます。

旅好きの私のためにあるような国、ベルギー。

大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!の画像2


ベルギーは別名「ヨーロッパの十字路」。

ベルギー自体は地味な国かもしれませんが、他の主要な国々に囲まれていて、3時間もあれば隣国に行けちゃう立地なのです。

高速鉄道や飛行機チケットも、時期によってはかなり安く手に入ることができる。

「いかに安く国境を超えるか」にチャレンジするのも、大阪出身の私としてはすごく楽しいし、これだけでかなり幸せになれます。

そしてその国の電車に揺られているだけで、「1人成分」がすーっと体に浸透していくのです。

さとえみ流、旅の楽しみ方。

大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!の画像3


観光できなくても移動だけでワクワクするし、ご当地ICカードのデザインやドアの開閉ボタン、アナウンスの声など、見所はたくさんあります。

スーパーで見たこともないパッケージのスナックを買ってみたり、どこの国にもあるような食料品の値段を当日のレートで比較してみたり。

セルフレジやショッピングバックの使い勝手の良さを感じたり、使うお札やコインのデザインをまじまじと見て「へ〜、こんな感じなのか〜」と感心したり。


パンが美味しい国で、見た目が気に入ったパンを買って味を予想&確認してみる。

スマホのゲームを活用しながら、ガイドブックに載っていなさそうな見所を発見してみる。

特別なことをしなくても、「旅」って本当にすばらしいのです。

大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!の画像4


そうこうして「1人成分」が体内に満たされていくと、帰路に着く頃には、自然と家族に会いたくなっています。

帰ってくる場所があるからこその「旅」。

「ただいま」と言える自分の幸せを噛みしめながら、玄関のドアを開けるのです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 大好きな家族、最高に幸せな人生。でも…ちょっと1人になってくるわ!