1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。

子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。

子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。のタイトル画像

子ども達が待ちに待ったクリスマス!ある日娘から「ママはサンタさんから何をもらうの?」と聞かれ、大人にもサンタさんが来てくれる設定にすることに。そんな我が家のクリスマスの出来事です。

クリスマスが待ち遠しい子ども達


去年のクリスマスの話です。

当時、娘は幼稚園年長、息子は3歳。

お友達もみんなサンタクロースを信じていて、子ども達はクリスマスが近づくにつれてワクワク!

クリスマスに関する絵本もたくさん読んでいたため、サンタクロースへの妄想もとどまることを知りません。


「うちはマンションだけど、サンタさんはどこから入ってくるのかな?」

「サンタさん、世界中の子ども達の言葉を分かるのかな?」

「どのお家から配り始めるんだろう?」


子ども達のいろんな質問を楽しみつつ、「ママも分からないわあ。どうなってると思う~?」などと話し合いながらクリスマスが近づくのを待っていました。


子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。の画像1
pixta_58384476_M

答えに困った、娘からの質問


そんなある日、娘から聞かれた質問が、

「パパとママはサンタさんに何頼むの?」。


答えに一瞬困ってしまいました。

「大人になったらサンタさんは来ないと伝えようか」、はたまた「パパとママも何かお願いしようか」少し悩みながらも、

「そうねぇ!プレゼントどうしようかなぁ…」と後者を選択した私。


我が家では欲しいプレゼントが決まると、サンタさんにお手紙を書いて壁に貼ることにしていました。

私たちのプレゼントは何にしようか考えた結果、子ども達と一緒に遊べるものをお願いすることに。


私は、息子の脚力アップと私の運動不足解消を兼ねて、トランポリン。

夫は、娘と将棋をしてみたいという希望があったので、子どもから始められる将棋セット。



子ども達のお手紙のとなりに、私たちからサンタさんへお手紙も貼りました。


子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。の画像2
pixta_44841673_M

サンタのふりをして家族に手紙を書くイブの夜


クリスマスイブの夜、家族でお祝いをして子ども達は夢の中へ。

プレゼントをセットし終えた私は、サンタさんから子ども達宛に簡単な手紙を書くことにしました。


けれども、「これママの字だ!」と分かってしまうんじゃないかと思った私は、パソコンで手紙を作ることに。

インターネットでサンタさんの画像をとってきて、この1年の子ども達の頑張りを見ていた内容のお手紙を娘と息子用の2枚作成しました。


プレゼントと手紙をセッティングし終わった時、大人にも手紙が届いていないと不思議に思われるんじゃないかということにふと気づきました。

「何でパパとママにはお手紙なかったんだろう…」となるのが目に見えています。


そこで、サンタさんからパパとママへのそれぞれの手紙も作ることに。

サンタさんから私への手紙には、客観的に私の頑張りをほめる手紙を書きました。

そして、サンタさんから夫への手紙には日々の感謝の気持ちと「これからもママの言う事を聞くこと」という一文を入れた手紙を書きました。


クリスマスイブの夜中、眠いはずの時間でしたがだんだん楽しくなってきた私。

ほっこり温かい気持ちになりながら、眠っている子ども達の顔を見て眠りにつきました。


サンタさんからの手紙を朗読したクリスマス当日

子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。の画像3
pixta_44841495_M


クリスマス当日の朝は、とにかく早い。

「ママ見て~!!プレゼント~!!あ、お手紙もある!!パパとママにもプレゼントとお手紙あるよ~!!!おいでよ~!!」とにぎやかな声で起こされました。


意外なことに、子ども達はプレゼントの前にサンタさんからのお手紙に夢中になってくれました。

「ママ~読んで~!!」といって、ニコニコする息子のリクエストにこたえる形で、お手紙を各自、朗読することに!


「サンタさん、私の幼稚園のこと知ってるんだ!!」と娘。

「わぁ!!パパのお手紙には、ママの言うことを聞くことって書いてある~!これはいっぱいお手伝いしないとなぁ!」と夫。

そして、「ママも頑張ってること、サンタさん見てくれてる~!」と私。


朝から子どもたちとパジャマのままゆっくり楽しんで、大人たちもプレゼントを満喫。

このときふと、「クリスマスを一番楽しんでいるのは親なのかも」と思いました。


子ども達はプレゼントをとっても楽しみにしているけれど、親はサンタクロースのふりをして子ども達が驚き喜ぶ様子を見られます。

何日も前から子どもの喜ぶ姿を想像して、楽しみにしながら準備をすることも、すごく幸せな時間だなと気づきました。



今年のサンタさんからの手紙は何を書こう


子ども達も大きくなれば、いつかはサンタクロースの正体に気づく日がくるでしょう。

プレゼントを見ても、飛び跳ねて喜んでくれることもなくなってくるかもしれません。

その頃にはその時期の幸せの形があるのだと思います。

手はかかるものの、日々成長する子ども達と一緒に過ごす今も、とても尊いものだと思いました。


今年のクリスマスも、家族4人からサンタさんそれぞれに手紙を書いて壁に貼ろうと思います。

そして、もちろん今年もサンタさんからの手紙を用意する予定です。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学1年生の娘と、3歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子ども達の喜ぶ顔が見たいから!サンタのふりをして一晩中手紙を書いた夜。