1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. スッキリするだけじゃない!増え続けた写真の整理が、家族の絆を深めたワケは?

スッキリするだけじゃない!増え続けた写真の整理が、家族の絆を深めたワケは?

スッキリするだけじゃない!増え続けた写真の整理が、家族の絆を深めたワケは?のタイトル画像

子どもが産まれたその日から、ほぼ毎日スマホで子ども達の写真を撮っています。子どもが産まれて6年。ようやく見つけた増え続ける写真の整理術と家族の変化をお伝えします。

とにかく写真をとって、スマホに溜めまくる毎日


子どもが産まれた瞬間から、「可愛らしい一瞬を逃すまい!」と、スマホで写真を撮りまくっていました。

口を大きくあけてあくびする姿、プニプニの手足、あどけない寝顔、おもしろいしぐさ。


とにかくどんどん撮り続けた結果、スマホの中はいつの間にか子どもの写真でいっぱい。


そして容量オーバーになったら、家のパソコンにとりあえずデータを移動し保存していました。


お気に入りの写真を現像するのさえ億劫に


写真のデータが溜まる一方だったので、リビングの壁の一角に写真コーナーを設けることに。

お気に入りの写真を数枚、飾ることにしました。


毎月5枚ずつほど印刷し、リビングに飾り続けること約1年。


寝たままの赤ちゃんだった子どもも、うろちょろし始めるように。

お昼寝の隙にお気に入りの写真をえらび印刷…ということすら、どんどん億劫になっていってしまいました。


「写真を選んで、パソコンを立ち上げて、プリンターに台紙をセットして、現像をする」と、写真を飾るまでにするハードルが私には高すぎたのです。


時には写真の台紙やプリンターのインクを切らしてしまい、そのまま印刷しない月もありました。


スッキリするだけじゃない!増え続けた写真の整理が、家族の絆を深めたワケは?の画像1
pixta_38359140_M

写真整理の最適な方法を見つける!


2人目が産まれて、さらにシャッターチャンスが増えました。

新生児の息子の写真だけでなく、字を書き始めた娘からもらうお手紙の写真も撮ったりしていると、膨大な量に。

写真の量はとどまる所を知りません。


そこでどうしようか考えていたところ、「フォトブック」という存在を知りました。



スマホにアプリをダウンロードし、写真を選ぶだけで自動で日付順に並び替えてくれます。

しかも、向きや配置まで考えてくれ、コメントできるスペースまで!

コメント欄にはその時の思い出や子どもの言葉なども入力することができます。


1ヶ月分の写真からフォトアルバムを作成する時間は30分ほど。

しかもスマホで簡単にできるので、隙間時間や外出先でも作成することができます。

「これなら私にも続けられる!」と、とても嬉しくなりました。


スッキリするだけじゃない!増え続けた写真の整理が、家族の絆を深めたワケは?の画像2
pixta_7463309_M

フォトアルバム作りの意外な効果



フォトアルバム作りの効果は、写真の整理整頓だけではありませんでした。

子ども達もフォトアルバムが届くのを楽しみにしてくれており、毎月届いたら「ママ、読んで~!!」と。

たった先月のことなのに、子どもと一緒に振り返るとまたその時の楽しさがよみがえります。


「寝る前の絵本の読み聞かせ」ではなく、「寝る前のアルバムの読み聞かせ」になることも。

子ども達が昔のフォトアルバムを引っ張り出してきて、自分が赤ちゃんのころの話を聞きたがることもしばしば。

「わぁ!この服懐かしい~!!」

「またこのご飯が食べたいなぁ!」

「赤ちゃんの頃、頭ツルツル~!!」

娘が2歳の頃の記憶が残っていることに驚いたり、薄毛の赤ちゃんだった息子の姿を思い出したり。

アルバムを見る時間は、親子の絆も深まります。


私も、

「この写真載せたら笑うだろうなぁ。」

「コメント欄でも褒めておこう」

など、子ども達が読むことを意識して作るようになりました。


毎月フォトアルバムを作る30分は、子どもたちの可愛い姿を見て楽しむ、癒しの息抜き時間になっています。


予想外の反応!夫もフォトブックを楽しみにしていた!


意外だったのは夫の反応。

フォトブックが届くと、会社から帰宅した直後でも楽しそうに読み始めます。

そして、

「へ~!幼稚園でこんな事してるんだ!」

「わ、この公園の遊具おもしろそう!」

「またこんないたずらして~!」

など、楽しそうに子ども達と会話しながら読んでいます。


よく考えてみると、平日に夫が子ども達と触れ合うのは朝と夜のみ。

日中の私たちの姿を知りません。

写真が、知らない子ども達の姿を知る良いきっかけになっているようです。

日頃からコミュニケーションはとっていますが、写真として目で見ることで、より会話が弾みます。


今ではフォトアルバムが入った箱はリビングの真ん中に。

ふとした時に読み返し、子ども達と笑いあっては成長を感じています。




当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学1年生の娘と、3歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. スッキリするだけじゃない!増え続けた写真の整理が、家族の絆を深めたワケは?