1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. なんでこの商品に10%かかるの!?消費増税で困るもの1位はなに?

なんでこの商品に10%かかるの!?消費増税で困るもの1位はなに?

なんでこの商品に10%かかるの!?消費増税で困るもの1位はなに?のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆  
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Q.消費税が上がって困るものは?

なんでこの商品に10%かかるの!?消費増税で困るもの1位はなに?の画像1

※2019年10月26日〜27日(コノビー公式Twitterより)

「日用品」「オムツ」の増税に不満


10月から消費税が上がりました。

困る商品のトップは「日用品」(47%)で、「オムツ」(45%)がわずかな差で続きました。

「テイクアウトの食事」に負担を感じる人は、8%でした。

生理用品に10%かかるのは、納得いかない


今回の消費増税の特徴は、軽減税率ですね。

商品によって税率を8%に据え置く制度で、家計の負担に配慮しようというわけです。

多くの食料品は8%のままですが、ティッシュペーパーや書籍、運賃などには10%が課税されます。

コメント欄には、不満が続々と…。

「生理用品です。
消耗品というか必需品なのに消費税が10%なのが納得いかない」

また、「ぜんぶ!!!!」と語気を強めた方も。

そうですよね…。

生理用品やオムツに10%がかかるのは、納得いきません。

筆者の知人も「デパートで売ってるお高いお弁当は、持ち帰りなら8%だよね。
利用頻度が高い生理用品やオムツがなぜ増税なのかわからない」と首をかしげていました。

アンケートへのご協力、ありがとうございました!

※お詫び:アンケートの項目欄で「日用品」が重複していました。
紛らわしくなってしまい、申し訳ございませんでした。

(コノビー編集部:そのべ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. なんでこの商品に10%かかるの!?消費増税で困るもの1位はなに?