1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 幼保無償化がスタート!負担減になったお金はどう使う?

幼保無償化がスタート!負担減になったお金はどう使う?

幼保無償化がスタート!負担減になったお金はどう使う?のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆  
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Q.幼保無償化で浮いた保育料の使い道は?

幼保無償化がスタート!負担減になったお金はどう使う?の画像1

※2019年10月23日〜24日(コノビー公式Twitterより)

「預金」がトップ。「生活費」も続く


結果を見ると「預金」(51%)が一番多く、「生活費」(31%)が続いています。

「学資保険」はわずか6%、「それ以外」も12%と少数でした。

「子どもの学費にとっておきたい」


幼保無償化とは、3〜5歳で保育園、幼稚園、認定子ども園に通う子どもの保育料が原則として無償化される制度のこと。

少子化対策として、子育て世帯の経済的な負担を軽減することが目的です。

毎月支払っていた保育料がかからないので出費は抑えられますが、増税の影響で以前よりお金がかかるモノがあります。

オムツやミルク、フードコートでの食事などがそうですね。

使い道に「預金」や「生活費」と答える人が多いのにも納得です。



筆者の知人に聞いたところ、やはり「預金」と答えていました。

「いつ何があるかわからなくて不安なので、使わずにとっておきます。
子どもの学費に備えておきたいですし」

とのことでした。

アンケートへのご協力、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 幼保無償化がスタート!負担減になったお金はどう使う?