1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育て

赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育て

赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育てのタイトル画像

2人目のお子さんが生まれたばかりの作家、山崎ナオコーラさん。出産・子育てをきっかけに、作家としてのスタンスにも変化があったようです。インタビュー後編では、お仕事のことについても聞いてみました。


何事にも没入しないから切り替えも早い

―― 子育て中のお仕事はどうされていますか?

上の子が幼稚園に行って、下の子が寝ている間はエッセイを書いたり、ゲラをチェックしたりしています。寝返りをうつ前の頃って一番よく寝るので、この時期が一番仕事がはかどりますね。

1人目のときもそうでしたが、大きくなるにつれて起きている時間が短くなるので、だんだん大変になっていきますよね。


―― 泣いたり呼ばれたりして、集中力が削がれたりしませんか?

私はもともと何事にも没入しないタイプなので大丈夫です。夢中になり過ぎるのがあまり好きじゃないんです。余談ですが、恋愛でも我を忘れて夜中に会いに行ったりするのは嫌で……常に自分は自分でいたいタイプですね。

本を読むときもジェットコースターのように没入させられるものよりも、いつでも好きなときに閉じられるような本が好きで。自分が書くときも、そんな本を書きたいと思っています。


―― 作家の方って読者を「没入させたい」のかと思っていました!

読者を夢中にさせられる本も素晴らしいですし、いろんなタイプの本があっていいのかなと思っています。

私は本を書いているとき、降ってくるとか憑依するようなことも全然なくて、考えに考えて書くのが好きなんです。だから途中で子どもに呼ばれても、すぐペンを置くことができます。


―― 執筆の時間はどう捻出されているのでしょうか?

正直、執筆にあてられる時間は減っていますね。

でも子どもと接している間も、頭の中ではいろいろと考えることができます。作家という仕事なので、考え事をすればちょっとは仕事を進められるんです(笑)。文字を書いていることだけが仕事じゃない、と思うようにしています。

頭の中は絶対に自分だけのもの

―― 確かに、机に向かうだけが仕事ではないですよね。

毎日家事や育児に追われていると、自分の成長が止まっているように感じることがあります。夫は外で働いて、いろいろな人と接して、社会のしがらみのなかで成長できていてズルいなぁと思ってしまう。

でも考えてみれば、頭の中は絶対に自分のものですよね。子どもと遊ぶときも、家事をしているときも私は私。

子どものために時間を使ってあげているということではないと思うんです。

子どもと接しているなかでも深い考え事はできるし、子どもの意外な発言でハッと気づくこともある。子育て中でも自分は成長できているんだと感じることが今は多いです。

専業主婦の方だって、育児や家事という仕事をするなかで新たな発見や気づきがあって、絶対に成長していますよね。

それらの仕事を時間やお金に換算しようとすると「こんなにやったのに」という気持ちになってしまいますが、成長に価値を感じるようにすると、イライラ感は薄まるような気がします。

赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育ての画像1


―― そんな風に考えられるようになったきっかけはありましたか?

きっかけとは言えないかもしれませんが、金子光晴という私の一番好きな詩人のエッセイのなかに、「僕には、どうしても、芸術家のしごとが、制作のあいだのよろこびだけで元がとれているものとしか考えられない。作品と金銭のかかわりあいは、どうしても、おはずかしいものを、金に換えているとして考えられない」という一文があります。

つまり芸術家の仕事は、仕事しているときの喜びで元を取るものであり、その後に得るかもしれない評価やお金で元を取ろうとしてはいけないのだと。

「これだな」と思いました。私も文章を書いているときの楽しさだけで元を取らなければいけない。評価やお金は期待しないほうがいいと思いました。


―― それは子育てでも同じですね。

そうなんです。子どもが恩返ししてくれたり、立派になったり、親に何か返してくれるから子育てしているわけではない。この瞬間が楽しいから子どもを慈しんで、子育てをしているというのが一番大事なんだと思います。

OLは無理だけど小説家ならなれると言われて

―― 山崎さんが本に携わる仕事をしようと思ったきっかっけは?

子どもの頃から漠然と考えていました。幼稚園の頃は絵本をつくる人になりたかったんです。
中3のときに進路希望の紙に、第一希望にOL、第二希望に小説家と書きました。

当時は、小説家は無理かもしれないけど、OLにはなれるんじゃないかと思ってたんですが、担任の先生に「山崎にOLは無理だろう。小説家のほうがまだなれそうなんじゃないか?」と言われて。「そうなんだ?」と思って。

この記事を書いた人
Conobieスペシャルインタビューの画像
Conobieスペシャルインタビュー

コノビー世代が気になるあの人に、子育てや日々の思いなどをインタビューするスペシャル企画です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育て