1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 楽しく食育♪ご飯を食べながら子どもと一緒に「食べ物クイズ」してみよう

楽しく食育♪ご飯を食べながら子どもと一緒に「食べ物クイズ」してみよう

楽しく食育♪ご飯を食べながら子どもと一緒に「食べ物クイズ」してみようのタイトル画像

子どもの好き嫌いや遊び食べなど、食事の時間に頭を悩ますママも多いはず。子どもたちに食べ物について興味を持ってもらえるよう、「食べ物クイズ」をしながら楽しく食育してみませんか?我が家のやり方をご紹介します。

出典:https://instagram.com/p/12eY87mQpA/

食事の時間は楽しいですか?

毎日の食事の時間は楽しいですか?子どもたちに食べ物の好き嫌いがあったり、落ち着きがなかったり、食べ物で遊んでしまったり、いつまでたっても食事が終わらない…なんて悩みも、よくあることですよね。



そんな時、ママはついつい小言が出てしまったり、叱ってしまうこともあるかもしれません。でも、子どもの好き嫌いは食卓を囲む雰囲気によって大きく左右されると言われています。食事の時間が憂鬱になってしまっては、せっかく栄養のあるものを食べても意味がありません。できるだけ楽しく食事ができるようにしたいものです。

食べ物クイズ

我が家で食事時によくやるのは「食べ物クイズ」です。特に、食べたことがないメニューや見たことがないメニューが食卓に並ぶときに行います。



やり方は簡単!何の食材を使って作られているかを当てるというもの。例えばお味噌汁なら、目に見える具(豆腐やワカメ、ネギ)などに加えて、お味噌などの調味料も答えに入ります。さらに鰹節のお出汁だったり、いりこのお出汁だったりと、だしに使った材料まで答えます。



答える時のルールは、必ず一口食べて舌で確認してから答えると言うのが我が家流♪クイズなどゲーム感覚でできるものは子どもたちも大好き。目で見える具は簡単なので、一口食べてすぐに答えがでますが、調味料やだしについては、何度も口に含んで確認して、答えたりしているうちに食べ終わってしまったりもします!



これだけはNG

食事の時間を楽しむためにも、そして子どもたちの食育のためにも、親である私たちが気をつけたいことが1つだけあります。それは、私たちが心から「美味しいね」と食事をとること。



子どもたちは、私たち親の姿をよく見ています。そして真似もします。「不味い」「くさい」などと口をすべらせることのないよう、気をつけなければなりません。

まとめ

私としては、ただ漠然と食べ物を口に運ぶのではなく、自分たちが今食べているものは何なのか興味を持ってもらいたいんですよね。



苦手な食べ物はどうして苦手なのか。味?香り?それとも見た目?子どもの場合、調理法が変わったり、日が経つと食べられるようになっていることも多々ありますから、諦めずにトライしたいものです。



食卓の時間が楽しい♪と思えるように、まずは簡単なコトから試してみてはいかがでしょうか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

PONCYAN

お料理は苦手。偏食大魔王。そんな私が、板前さんと結婚して、さぁ大変!!でも、せっかくなのでお料理も楽しんじゃおうと、7歳と5歳の娘と、食を中心とした独自の育児方...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 楽しく食育♪ご飯を食べながら子どもと一緒に「食べ物クイズ」してみよう