1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. 専業主婦が、はじめて預けた一時保育で涙…。自分を大事にする事、思い出す

専業主婦が、はじめて預けた一時保育で涙…。自分を大事にする事、思い出す

専業主婦が、はじめて預けた一時保育で涙…。自分を大事にする事、思い出すのタイトル画像

出産と同時に専業主婦になった私。大好きだけど気が抜けない娘との生活と「専業主婦」という言葉に勝手に捉われ苦しくなってしまいました。そんな中、思い切って保育園の一時保育を利用してみたのです。

元気いっぱいな娘と、子育てに力が入りすぎていた私


出産と同時に退職し、専業主婦になりました。

娘はとても好奇心旺盛で、目を離したすきに道路に飛び出してしまうほどの元気いっぱいな女の子。


第一子ということもあり、今思うと子育てに力が入りすぎていた私。

公園や児童館はもちろん、少し遠くても徒歩で行ける範囲の公民館を3つチェックし、子供向けの集まりには必ずと言っていいほど出かけていました。


朝は娘と遊びに出かけ、昼前には「帰りたくない~!」と泣いて暴れれて愚図る娘を汗だくで脇に抱えて帰り、急いでお昼ご飯を食べさせ、お昼寝をさせる。

娘がお昼寝中に、離乳食や夕飯の準備、溜まった家事をする。

娘が起きてくるとまた一緒に少し遊び、夕飯、お風呂。


毎日とにかく全力で過ごしていました。


専業主婦が、はじめて預けた一時保育で涙…。自分を大事にする事、思い出すの画像1
pixta_23887968_M

初めて知った、保育園の一時保育


娘の事はもちろん大好きなのですが、とにかくどこへでも走り出してしまうため、外出しても気が気じゃない!

家の中でも引き出しの中身を全部出したり、おしりふきを全部出したり、とにかく娘のあとを追いかけまわす日々でした。


そのころ知ったのが、保育園の一時保育。

専業主婦だったため、保育園のことは全く調べておらず、一時保育の存在も知らない私には目から鱗でした。


専業主婦が、はじめて預けた一時保育で涙…。自分を大事にする事、思い出すの画像2
pixta_58746008_M

勝手に専業主婦という言葉に縛られていた私


調べてみると、その保育園の一時保育はどんな理由でも預けられるとのこと。

もちろん、専業主婦のリフレッシュも立派な理由の一つでした。


勝手に「専業主婦だから……」という理由にとらわれてしまっていた私。

美容院に行くのも休日夫に娘を見てもらっている間に慌てて行くような生活で、半年に1度行けたらいいほうでした。


ちなみに夫は全く私の行動を制限していたわけではなく、「見ておくから出かけておいで」と言ってくれるタイプ。

けれど、私が勝手に申し訳なさを感じてしまっていたのです。


この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学年生の娘と、5歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. 専業主婦が、はじめて預けた一時保育で涙…。自分を大事にする事、思い出す