1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの素肌は◯ミリ!?ママなら知っておきたい「赤ちゃん肌」を守るスキンケア

赤ちゃんの素肌は◯ミリ!?ママなら知っておきたい「赤ちゃん肌」を守るスキンケア

赤ちゃんの素肌は◯ミリ!?ママなら知っておきたい「赤ちゃん肌」を守るスキンケアのタイトル画像

健康なお肌の象徴として使われる「赤ちゃん肌」という言葉。ふわふわモチモチうるうるお肌なイメージですが、実際の赤ちゃんのお肌は実はまだまだ未熟でとってもデリケート!赤ちゃんのお肌の特徴がわかれば乳幼児にもスキンケアが必要な理由がわかります。

出典:http://sasakinozomi-fan.girly.jp/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%B8%8C-%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93/

スキンケアには間違った常識が少なくありません。大切な赤ちゃんのお肌を守れるのはママや家族だけ!だからこそ、正しい情報を知ってほしい!赤ちゃんのお肌の特徴やスキンケアが必要な理由をご紹介したいと思います!

赤ちゃんのお肌は何ミリ??

なんと赤ちゃんの皮膚は約1ミリ。成人のちょうど半分くらいの薄さです。

しかも、表皮だけとなるともーっと薄い!赤ちゃんのお肌ってとっても薄いんです。

お肌の表面は弱酸性?

CMでも良く聞きますよね、「お肌と同じ弱酸性」というセリフ。間違いではありませんが、ただの「弱酸性」ではありません。赤ちゃんのお肌は“超々弱酸性”!実はかなり中性に近い状態なんです。中性に近いということは雑菌が繁殖しやすく、うるうるお肌を保つために重要な役割を果たすセラミドが生産されにくい状態なんです。

赤ちゃんはとっても汗っかき

汗が排出される汗腺の数、実は大人も赤ちゃんも同じなんです!全ての汗腺が機能しているわけれはありませんが、表面積が大人と赤ちゃんではかなり違うのにもかかわらず、汗腺の数は同じ!赤ちゃんが汗っかきなのも納得できますね。雑菌が繁殖しやすい状態の中性のお肌に大量の汗。トラブルの予感がしますね・・・汗はこまめにケアしてあげましょう!

うるうるに見える赤ちゃんのお肌。実はとっても◯◯!

うるうるに見える赤ちゃんのお肌ですが、実は生後3ヶ月頃から急激に皮脂量が減り、とーっても【乾燥】している状態なんです。思春期に向かうにつれて皮脂量も増えていきますが10歳頃までお肌は乾燥した状態なんですよ。

乾燥は肌トラブルの原因!

お肌が乾燥していると多くの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます!本来、皮脂や角質層でバリアされていなければならないのに、お肌が乾燥しているということは、皮脂も少なく角質層も目視では確認できなくても、剥がれたりめくれあがったり、とてもお肌を守れる状態ではありません。



そうすると、ダニやほこり、汗や雑菌など外からの刺激を受けやすくなってしまいます!また、赤ちゃんは免疫センサーが過敏なため、「外から異物が入ってきたよー!」と過剰に反応し、その結果お肌の炎症を起こしてしまいます!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

後藤真菜美

ベビーマッサージサロン&資格取得スクールwaraku主宰。
妊娠・出産を機に10年過ごした東京から地元 三重県松阪市にUターン。
2012年産まれの女の子の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの素肌は◯ミリ!?ママなら知っておきたい「赤ちゃん肌」を守るスキンケア