1. 総合トップ
  2. >
  3. 「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメント

「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメント

「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメントのタイトル画像

福島県いわき市が誇る日本のスパ・エンターテイメントの草分け的存在「ハワイアンズ」。東京ドーム6個分の広大な敷地に繰り広げられる6つのテーマパークはすべて温泉!宿泊客は首都圏各地から出ている無料送迎バスを利用することもできます。今回は小学生との家族旅行で感じたハワイアンズの魅力をたっぷりお伝えします!

小6、小4の小学生男児がいる我が家。

毎度、遊ぶところや宿泊先には難儀しますが、今年は「まだ行ったことないから行ってみたい」という理由でハワイアンズに決定しました。


まさかの交通費ゼロ円?! 宿泊者は首都圏11か所から無料送迎バスあり

「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメントの画像1
宿泊した「ホテルハワイアンズ」に到着していた無料送迎バス


常磐道・最寄りの「いわき湯本IC」からは約5分前後。

山道からドーーン!とハワイアンズ施設の一群が浮かび上がって見えるのは圧巻でした。

マイカーの場合、宿泊者用の駐車場があり翌日の営業終了まで無料で利用できます。



さて、駐車場に車を入れようとしていたところ、ホテルの前に大型バスがどんどん入ってくるのが見えました。

実はこれ、首都圏11ヶ所から出ている無料送迎バスなんだそう。

なんと、ハワイアンズは宿泊客に限り、東京、新宿、池袋、北千住、立川、さいたま、横浜、西船橋、松戸、千葉、つくばから、ハワイアンズの営業日は毎日、無料送迎バスが出てるとのことなんです。

だいたい午前8〜9時台あたりに現地を出発して、ハワイアンズに到着するのが昼12時台(路線によって多少前後します)。

「新宿便」を参考にすると9:30出発の12:50着ですから、約3時間20分で東北のハワイに無料で行けるということ…これはとても便利です!

ハワイアンズのオフィシャル宿泊施設は敷地内に5ヶ所あり、すべて午後1時からチェックインできます。

無料送迎バスはだいたいその時間に合わせて到着するようです。


【チェックポイント!】
・首都圏11ヶ所から毎日、無料送迎バスが運行されている
・宿泊者用の駐車場はチェックアウト日の営業時間まで無料
・緑の中にそびえ立つハワイアンズ施設群の姿が圧巻


スタッフさんたちの「アロハ挨拶」で、南国感に巻き込まれに行く

「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメントの画像2
宿泊した『ホテルハワイアンズ』のお部屋。施設内の代金はすべて部屋付けにできます


スタッフさんたちの「アロハ〜(親指と小指を立てて振るジェスチャー付き)」というお出迎えに、南国気分もアガります。

チェックインした後は荷物を部屋に置けるのはもちろん、ハワイ感たっぷりの室内着やタオルが利用可能。

しかも使用後のタオルはフロントでのお取り替えもできます。子連れ旅行は荷物が多くなりがちなので、こうしたサービスは嬉しいですね。


また、ホテルハワイアンズの宿泊客はプール施設までの専用通路があり、駅の改札のようにICカードをかざせば出入り自由。

夏休みだったこともあり、2日目の朝には開園前のハワイアンズに長蛇の列ができていましたが、寝起きの室内着のまま、「アロハ〜」とノンストレスでプールまで直行できるのは「お泊まり」の特権でした。


【チェックポイント!】
・ホテルのチェックインは13:00
・タオルはお取り替え自由(フェイスタオルは不可)
・施設内の従業員さんたちは「アロハ〜」とご挨拶してくれる


お風呂もプールもすべて温泉!ママはノーメイクでも大丈夫

「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメントの画像3
東京ドーム6個分に6つのテーマパーク。プールもお風呂もすべて温泉!
「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメントの画像4
ウォーターパーク入口すぐのフォトスポットは「ハワイアンな雰囲気」が出せる映えスポット

ハワイアンズの温浴施設は5つのテーマパークで構成されています。

・様々な種類のプールとイベントステージを備えた「ウォーターパーク」
・日本一のボディスライダーを擁す「ビッグアロハ」
・水着と裸両方で温泉を楽しめる「スプリングパーク」
・水着のまま屋外の温泉も楽しめる「スパガーデン パレオ」
・エクササイズやリラクゼーションが受けられる「ウィルポート」
・ドでかい和風の露天風呂がある「江戸情話 与一」

このうち、我が家はウィルポート以外すべて制覇しました。

ハワイアンズのすごいところは、なんといってもすべての施設が「温泉」という点ではないでしょうか。

お風呂や露天はもちろん、プールまですべて温泉。

施設内にいる家族のお母さんたちは、みんなだいたいノーメイクでしたが(プールや温泉なのでそうならざるをえない)、温泉効果なのかピカピカしていたように思います。


【チェックポイント】
・5つのテーマパークからなる巨大温浴施設ですべてが温泉
・ノーメイクでもあまり気にならない


「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメントの画像5
この記事を書いた人
Conobieおでかけレポの画像
Conobieおでかけレポ

ママライターが実際に親子でおでかけし、楽しかったおススメスポットをご紹介します!

※施設の許可を得て掲載しています...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 「お泊まりハワイアンズ」で家族みんなが存分に楽しむエンターテイメント