1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情のタイトル画像

日本では、とにかく保育園に入れるために!と奮闘するケースが多い保活。似ている点も異なる点もあるベルギーの保活は、とても興味深くて…?

「ない」ように見えて「ある」!ベルギーの保活


まいどおおきに!さとえみです。

ワーキングマザーが多く、イクメンなパパも多いベルギー。

今回は、そんなベルギーの「保活事情」についてお届けします。

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像1


ベルギーの保育園は素晴らしい“らしい”んですよ!

まず、数が足りているので、「希望する保育園全てに断られる」ということがありません。

専業主婦・主夫がいても利用できますし、保育料が安い(税金からの還付あり)。

日本から引っ越してきたばかりの人ですら、必要な手続きをすれば入園できるそうです。


そのような声を多く聞いて、私も「ああ…ここはなんて素晴らしい国なのだ…保活なんて縁遠いんだろうな…」と思っていたのですが!

親戚筋から「妊娠したから、A保育園とB保育園とC保育園を見学してみたの!」というような話も聞きまして…。

詳しく話を聞いてみると…?

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像2


どうやら、園によっては依頼している掃除業者の質にバラつきがあり、掃除が行き届いていないこともあるのだとか。

また、役所に問い合わせた際の担当者によっては、各保育園の情報についてきちんと案内されないケースもあるのだそうです。

これはものすごく「ベルギーらしい」ところ。

この国のことをよーく知っている真面目な人からすれば、「とりあえず自分で足を運び、自分の目で確かめる」という意味での「保活」は、必要なプロセスなんだろうと思います。

日本とベルギーの「保活」。共通点は…?

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情