1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 想定外だった妊娠トラブル!妊婦さんを見ると、つい冷静さを失う理由

想定外だった妊娠トラブル!妊婦さんを見ると、つい冷静さを失う理由

想定外だった妊娠トラブル!妊婦さんを見ると、つい冷静さを失う理由のタイトル画像

妊娠前にイメージしていた「妊娠生活の大変さ」は、つわりでした。つわりが済んで安定期に入れば、あとは出産を乗り切るのみ…と思っていたのです。
しかし、実際には、思いがけない大変さが、待ち構えていたのです。

妊娠中の不調、こんなの知らなかった!


「つわり」を乗り切ればあとは大丈夫!

そんな風に思っていたわたしにとって、安定期に入ってからの「不調」は予想外のものでした。


私が経験した、妊娠中の予想外の不調エピソードをいくつかご紹介したいと思います。


つわり=炊きたてご飯のニオイが嫌!だけじゃなかった


そもそも、妊娠初期に訪れたつわりから、「そんなの知らなかったよ」は、始まりました。



妊娠前に抱いていたわたしのつわりイメージは、「すっぱいものが食べたくなる」「炊きたてご飯のニオイがアウト」。


しかし、実際のわたしのつわりは、そんなイメージとはかけ離れていました。



まず、とにかく眠い。

集中力が皆無になる。

当時のアルバイト先で、5000円札と1万円札を見間違えそうになってしまったときはかなり焦りました。



ニオイでダメだったのは、ご飯ではなく洗濯物のニオイ。

柔軟剤のニオイがなぜか、ドブのようなニオイに感じられました。

この洗濯物のニオイは本当につらく、息を止めて洗濯槽から取り出し、口呼吸をしながら干していました…。


幸い、わたしのつわりは妊娠初期で収まりましたが、なかには妊娠後期までずーっと続き、「安定期、何それ…?」という友達も。

とにかくよだれが分泌され続けてペットボトルに吐き続けるのがつらかった…という友達もいました。


中には、つわりは病気じゃないし、なんとかなるでしょ、という方もいます。

けれど、これらの体験から、「つわりは十人十色すぎて、対処法もなく本当につらい」妊娠中の試練だと思うようになりました。


足の付け根が痛すぎる!

想定外だった妊娠トラブル!妊婦さんを見ると、つい冷静さを失う理由の画像1
pixta_36586524_M


また、1人目妊娠後期頃から、徐々に足の付け根が痛むようにもなりました。



それは引っ張られているような独特な痛みで、妊娠経過とともに痛みは強くなっていくばかり。

母に相談したところ、「まったくそんな痛みを経験した覚えはない」のだそう。

「じゃあ、一体、この痛みは何なの…?」と思いながら、産婦人科で相談してみました。


結果、この痛みは「恥骨痛」。

稀に痛くなる妊婦さんもいるそうで、異常ではないとはわかりましたが、対処法は特にないのだそう…。

後期には「安産のためにも歩いてね」と言われていたものの、足を動かすことすら痛くて大変でした。


ちなみに、2人目は「おなかが出るのが早い」からか、妊娠中期、安定期に入った頃くらいから、恥骨の痛みが出始めました…。

とにかく引きつられるような痛みがひどく、妊娠後期になるにつれ、足を前後左右に動かすだけで「ううう」とうめいていました。


寝転んでいる状態から起き上がるだけで、一苦労。

服の着替えも大変でした…。



まさか、歩けないほど恥骨が痛くなるなんて。。

妊娠前には思いもしなかった予想外の不調でした。


妊娠中から始まる「寝られない」問題


また、妊娠中に「赤ちゃんが生まれたら夜泣きで寝られないのだろうから、今のうちに寝ておこう」と思っていた私。

しかし、なんと、早くも妊娠後期から寝られない日々が始まりました。


原因は胎動です。

わたしはふたり出産していますが、どちらも胎動に気付くのが妊娠5ヵ月頃という早さで、動きもかなり活発でした。


おなかの中から殴られているような感覚で、思わず「いたたたた」と声が出るほど。

おなかがあまりにも波打つことに、「こんなに赤ちゃんって暴れるの…?」と驚いたことを覚えています。



妊娠後期は、眠っていても目覚めてしまうほどの激しさ。

「これは、一体、全体どんな赤ちゃんが生まれてくるんだろう?」と想像を巡らせていました。


結果、生まれてきた我が子はふたりとも足をよく動かし、おむつ替えが大変なわんぱくっ子。

「おなかにいたときからそうだったのだもの、仕方ないよね…」と産後の私は妙に納得したのでした。


想定外だった妊娠トラブル!妊婦さんを見ると、つい冷静さを失う理由の画像2
pixta_41667407_M

どれもこれも想定外だった妊娠生活の大変さ

妊娠生活は十人十色。


過ぎてしまえば懐かしい日々ではあるのですが、当時は「こんなの知らなかった…!」と大変だった思い出もいっぱいです。

そして、きっと今も、私が経験をしたことがないような、妊娠中の不調と戦っている妊婦さんが、いるはずです。

妊娠中から、母であることは、すでに始まっているのです。


そんなこともあってか、道ゆく妊婦さんを見かけると、冷静ではいられない私。

つい応援の眼差しを向け、心の中で「がんばってね!」と、つぶやいてしまいます。


赤ちゃんの誕生に向けて、日々、がんばっている妊婦さんに、心からエールを送りたいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
卯岡 若菜の画像
卯岡 若菜

小3、小1のよく食べる男児ふたりの母。予想以上のヤンチャぶりに毎日白目を剥いています。車に子どもを乗せて、どこへでも行く関東民。カラオケ好きなのに、子どもと行く...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 想定外だった妊娠トラブル!妊婦さんを見ると、つい冷静さを失う理由