1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。

大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。

大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。のタイトル画像

大好きだった1冊の絵本。大人になり、そして母になったことで再びその絵本と出会うことができました。

絵本が大好きだった子ども時代


わたしが子どもの頃、家にはたくさんの絵本がありました。

絵本が大好きな子ども時代だったと思います。

読みすすめていくと、自分の知らない世界に引き込まれるような気がして、とりわけファンタジー作品に夢中になりました。

そんな中でも特に大好きだった一冊が、『ゆきだるま』。

他にもたくさん絵本があったのに、夢中になって何度も何度も読んだことを、今でも覚えています。



大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。の画像1
pixta_58648255_S

母になり、再会した『ゆきだるま』


大人になり、あんなに大好きだった『ゆきだるま』のことは、すっかり忘れていました。

再び絵本に触れるようになったきっかけは、出産。

母親になったことで、また多くの絵本を読むようになりました。

そして、ふと思い出したのです。

そうだ、わたしには、特別に大好きだった絵本があった…!

「昔大好きだったあの絵本を、娘たちにも見せてあげたい!」


さっそく絵本を手に入れようと決意。

しかし、幼少期の記憶は遠く、大好きだったはずなのに、はじめはタイトルすら思い出せませんでした。

かすかに覚えている断片的な内容を元に、ネットで色々調べる日々。

そしてようやく『ゆきだるま』の絵本にたどり着くことが出来ました。


再会した絵本を前に、たくさんの絵本を読んで過ごした子ども時代に、なぜ私はこの絵本が特別だったのか考えました。

一番の理由は「文字がないこと」だと思います。

『ゆきだるま』はイラストだけで物語が進んでいくので、子どもながらにその絵からセリフを想像して読んでいたのです。

そうすることでより一層、主人公の気持ちに入り込むことができて、夢中になれました。




大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。の画像2
pixta_43297812_S

大人になった今の感情に驚き!


大人になって、再び大好きだったその絵本を読んだとき、驚くことに子どもの頃とは全く違った感情を覚えました。

子どもの頃は、絵本の主人公に自分を重ね、ファンタジーな内容にワクワクしていました。

大人になった今は、ゆきだるまに気持ちを重ねて、切ない印象を感じます。

何度も読んでいるはずなのに、「こんなに切ない絵本だったっけ?」と新鮮な気持ちになりました。

同じ作品を同じ人が読んだのに、おもしろいな~とますます『ゆきだるま』が好きになりました。


もうひとつびっくりしたことは、『ゆきだるま』の続編が発売されていたことです。

「いったいどんな内容なんだろう?」とドキドキしながら読みました。

物語は最初の絵本より、何十年もあとのお話。

ところどころに前作とつながるポイントが散りばめられています。

前作のファンであるわたしには、たまらない展開!

大人になって、この続編に出会えたことに、大きな感動がありました。

大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。の画像3
pixta_51055152_S

世代を超えて楽しませてもらえる絵本


実はまだ、『ゆきだるま』の絵本を子ども達には読んでいません。

寒い季節になってきたので、そろそろ一緒に読んでみたいと思っています。

「どんな気持ちになるのかな?」
「私のようにワクワクするのかな?」
「子どもたちはこの絵本を好きになってくれるかな?」

そんなことを想像して、子どもたちの反応を楽しみにしています。

子どもの時の思い出を、こんどは自分の子どもと共有できる。

絵本は何世代に渡っても繋がることができる、素敵な親子のコミュニケーションツールだと思いました。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
みずきの画像
みずき

5歳・4歳・2歳の年子三姉妹ワンオペ育児+末っ子長男誕生!4児の母になりました『子だくさんでも仕事も育児も諦めない!』をモットーにママの働き方改革に挑戦中...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 大好きだった絵本の「特別な理由」。母になり、やっと言葉にできた。