1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 今ではキャリアを応援しあう関係に!働く姿を見せて、勝ち取った夫の変化

今ではキャリアを応援しあう関係に!働く姿を見せて、勝ち取った夫の変化

今ではキャリアを応援しあう関係に!働く姿を見せて、勝ち取った夫の変化のタイトル画像

第1子出産後からフリーランスでライターを始めて、早8年。その間に第2子、第3子を出産しながら、現在もフリーランスでの仕事を続けています。しかし夫が「共働き」であるという意識を持ったのは最近のことでした。

フリーランスゆえの葛藤や理解されづらさ


フリーランスで仕事を始めて8年。

打ち合わせや取材もありますが、末っ子が未就園児のため、現在は基本的に在宅で仕事をしています。

少し前まで転勤族でしたし、3児を育てながらのワークライフバランスとしても、私自身は現在の仕事に納得しています。


ただ、自分が仕事に納得していることと、周囲が私の仕事について理解しているかは、全く別のこと。

この8年間は、「フリーランスならではの理解のされなさ」に葛藤する日々でもありました。


「さぁ仕事しよう」とPC前に座れば、10秒で子どもたち全員集合

今ではキャリアを応援しあう関係に!働く姿を見せて、勝ち取った夫の変化の画像1
pixta_49591277_M


典型的なのが、「在宅なら子どもを見ながら仕事をしたり、隙間時間に育児や家事ができるでしょ?」という誤解。

夫はもちろん、周囲の人たちからも、そのように思われていました。


そのため、数年前まで家事と育児の分担は、なんと夫0.5:私9.5。




実際は…、子どもを見ながら仕事なんてまずムリ!です。


私がパソコンの前に座れば、「ママ大好き」&「パソコンに興味あり」の子どもたちは10秒でPC前に全員集合!

末っ子は膝によじ登り、パソコンで遊ぼうとするので、すぐにパソコンを閉じることに。

つまり子どもが起きていれば、全く仕事はできません。


基本的に末っ子の昼寝中に仕事をしていますが、子どもはいつも同じ時間に寝るとは限りません。

日によってバラバラの昼寝時間に、「まとまった仕事時間が確保できないかも」という不安がつきまといます。

実際に仕事が終わらず、焦りやイライラを感じてしまうことも……。

記事を書くといってもテーマ出し、記事の構成、調査、メールの返信、電話など、執筆以外の仕事もあり、フリーランスは事務作業も全て自分の仕事。


昼寝時間だけでは全く足りません!


以前は睡眠時間を削っていましたが、身体がもたないので、現在は一時保育を利用しながらの仕事。


それでも、もっと時間が欲しいという葛藤と日々戦っています。


目の前で仕事の様子を見せ、初めて気づいた夫

何よりも厳しいのは、「休み時間がない」こと。

子どもが昼寝をする時間に仕事をするということは、つまり「育児→家事→仕事→育児→家事」の無限ループです。

子どもが昼寝をすれば、むしろ「よしっ、仕事を終わらせるぞ!」とはりきり、子どもが起きればまた育児や家事へと戻ります。

会社にいれば休憩時間が決まっていますが、フリーランスは良くも悪くも「休憩時間も自分次第」。

育児や家事もやるべきことがいっぱいで、どうしても「仕事も家事も育児も全部詰め込み」状態になってしまうのです。



そのため仕事が増え、どうしても終わらずに、夫の帰宅後に仕事をする事が増えることに。


夫の帰宅後は、子どもにテレビを見せて仕事をするのですが、それでもなかなか仕事は進みません。

というのも、3人いれば見たいテレビはそれぞれで、必ず誰かが飽きて「ママ~」とやってくるから。


その他にも、「お茶こぼした」「ウンチ出た」「お兄ちゃんが貸してくれない~」など、次々と声をかけられます。

その様子を見て初めて、「子どもと一緒では仕事ができない」と夫が理解し始めました。


今ではキャリアを応援しあう関係に!働く姿を見せて、勝ち取った夫の変化の画像2
pixta_27666851_M

お互いのキャリアを考えることで、衝突が減った


また、フリーランスという働き方は、仕事先との信頼関係がなにより大切です。

仕事を継続的に受けることも、長期的な信頼にも繋がるため、段々と「夫は長期休暇でも、私は仕事」という状態も増えることに。

そのため、仕事をする姿を家族に見せる時間も結果的に増えていきました。



夫もこうした姿を実際に目にするようになると、徐々に私の仕事への理解を示してくれるようになりました。

今では洗濯や洗い物を、積極的にしてくれるように。



夫に仕事を理解してもらうえるようになった今、思うのが、「お互いのキャリアを考える」ことで夫婦関係が好転したこと。

「女性が男性の仕事のサポートをする」という考え方は、もう私たちには通用しません。



「お互いのキャリアを叶えるためにお互いを必要な形でサポートする」と考えることで、自然と夫の家事育児への協力に繋がりました。


ただ、ここまでくるのに、何10回という話し合いを重ねてきた我が家。


話し合いを重ね、仕事をする様子を見てもらう。

この繰り返しです。



私たち夫婦も「自分たちなりの夫婦の形」を、ゆっくりと築いていく過程の中にまだいます。


大きな流れの中で俯瞰してみると、夫婦で育児に集中するのも、きっと小学校低学年くらいまでのこと。

夫婦で築いていく「お互いの人生」として、今度も仕事について、もっと共に考えていけたらなと思っています。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 今ではキャリアを応援しあう関係に!働く姿を見せて、勝ち取った夫の変化