1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. イヤイヤ期にも「個性」がある!3人育てた末に、たどり着いた考え方

イヤイヤ期にも「個性」がある!3人育てた末に、たどり着いた考え方

イヤイヤ期にも「個性」がある!3人育てた末に、たどり着いた考え方のタイトル画像

イヤイヤ期の対応は3人目になってもやっぱり大変…。性格と同様に、イヤイヤの「個性」も3人バラバラでした。

イヤイヤ期にも「個性」が出る


現在、3人目が2歳。イヤイヤ期に悩んでいます。

3人育てていても、イヤイヤ期への対応はやっぱり大変です!

「上の子たちはどうだったかなぁ?」とふと振り返ってみると、わが家の3兄妹のイヤイヤ期の個性はバラバラでした。



1人目:典型的なイヤイヤタイプ


1人目の長男は繊細、かつ大人しいタイプ。

学校の休み時間は、隅っこで本を読んでいるタイプの男子です。

成長はゆっくりめ、危険な遊びはほとんどしませんでした。

そんな長男のイヤイヤ期は、1歳7か月頃から始まりました。

ハッキリ1歳7ヶ月と覚えているのも、それまではイヤイヤする場面がなかったのです。

ある日突然始まったので、「イヤイヤ期がきた!」と分かりやすかったです。

彼のイヤイヤは典型的で、「着替えたくない」「お風呂に入りたくない」「オムツも履きたくない」…と全て拒否。

私も1人目は時間的に丁寧な対応ができたので、できる限り待って付き合ったり、本人の好きにさせたりしました。

一方で、はじめてのイヤイヤに「忙しいのに!」とイライラすることもしばしば。

とくに大変だと感じたのは、外出時の「自分で靴を履きたい」こだわりと、毎晩のハミガキでした。

イヤイヤ期で仕方ないとはいえ、一日の終わりに一番大変なハミガキが待っているのがとても憂鬱でした。



2人目:激しい癇癪タイプ


声が大きくヤンチャで、動いてから考える…いやあまり考えない次男。

ガキ大将タイプの次男は、イヤイヤが始まったタイミングが分かりませんでした。

というのも、はじめから自己主張が強いタイプで、嫌なものは嫌と主張し、何でも自分でやりたいと言ったからです。

「あ、イヤイヤ期が来たな」と意識したのは、激しい癇癪泣きをするようになってからでした。

1歳9ヶ月を過ぎた頃でしょうか。

自分の思い通りにならないと大声でギャン泣きをして、エビ反りでのけぞったり、床でバタバタ転がっては癇癪をおこすのです。

それは1日に2~3回起き、あまりに大きな声で泣き続けるのでご近所の反応が気になり、泣き止ませようと奮闘していました。

ただ、あの手この手で泣き止ませようとしても、泣き止まず…ある程度泣いて本人が納得してから、やっとおさまることが多かったです。

3兄妹のうちで次男だけ、スーパーのお菓子売り場で大の字に寝転んで大泣きする、というイヤイヤ期おなじみのエピソードもやりました。

当時は0歳の長女を抱っこ紐にいれ、手にはカゴと荷物を持つ私の前で、店内いっぱいに響き渡る声で泣いて暴れる次男……あの光景は忘れられません。

体力はもちろん、気力も勝負なイヤイヤ期の対応でした。


この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. イヤイヤ期にも「個性」がある!3人育てた末に、たどり着いた考え方