1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 怖がりで生き物が苦手なわが子!イルカウォッチングで、ムリなく克服なるか?

怖がりで生き物が苦手なわが子!イルカウォッチングで、ムリなく克服なるか?

怖がりで生き物が苦手なわが子!イルカウォッチングで、ムリなく克服なるか?のタイトル画像

皆さんのお子さんは、生き物を触れますか?うちの息子は、動物も虫も全然ダメなんです。でも、生き物と接する機会を作りたい…。そこで、この夏はイルカウォッチングに挑戦してみました。

そこまで!?生き物から逃げまくりの息子


「うちの子って、生き物がかなり苦手?」と気づいたのは、今の園に転園した年中さんのころ。


登園ルートに、毎朝犬の散歩をしている方が2~3名いらっしゃるのですが、時間が重なると大騒ぎになるんです。


小さい犬でも、私の陰に隠れてビクビク。

大きい犬となると、20mほど向こうに見えただけで逃げ出す始末です。

犬を怖がるあまり道路に飛び出しそうになり、飼い主さんに謝られて、恐縮したこともありました。


虫も触ることができず、かろうじて、小さいアリ(大きい種類は無理)やダンゴ虫を近くで観察する程度です。



「男の子は虫を捕まえてきて大変」とか、「子どもがペットをねだって困る」というようなイメージがあったのですが、想像とはだいぶ違いました。


怖がりで生き物が苦手なわが子!イルカウォッチングで、ムリなく克服なるか?の画像1
pixta_4939341_M

だんだん分かってきた「怖い」の法則


しかし、よくよく息子の態度を思い返していると、あることに気づきました。


散歩中の犬は、怖いけど小さければ何とか我慢できる。

でも猫はダメ。


動物園で見るのは好き、でもふれあい広場や牧場は苦手。

水族館なら大丈夫。


どうやら、リードでつながれているとか、ちゃんと仕切りがあるという状況なら、怖くはないようです。


外に出れば鳥やカエルを見つけたり、アリについては図鑑で調べたりもしています。

決して、生き物に興味がないわけではないのです。


ならば少しずつ慣れさせよう!生き物と楽しく触れ合おう!と考えた私。

その一環として、今年の夏の旅行では、イルカウォッチングを予定に組み込みました。

人生初のイルカウォッチングへGO!


行き先は、九州在住ながらもなかなか行く機会のなかった天草。

天草といえば隠れキリシタンで有名ですが、実はイルカウォッチングも人気なのです。


船で野生のイルカを見に行くのですが、遭遇率は90%以上とのこと。

地元の方は「99.9%見られるよ」ともおっしゃいます。


当日は天気が少し心配でしたが、なんとか持ってくれました。

沖へ出ると、先に出たほかの船が見えてきます。

そしてその近くに…いるいる!!さすがに高い遭遇率を誇るだけあって、かなりの数のイルカがいます!


「イルカだ!もう見えた!」
「え!どこどこ!?」
「写真撮って写真!」

驚いたのですが、野生でもイルカは本当に人懐っこい。

手が届きそうな近さまで来てくれて、船にぶつからないの?と心配になるほどです。



息子も、船から身を乗り出して、指を差して手を振ってと大興奮。

動物が苦手だなんて忘れるくらい、イルカに夢中になっていました。


怖がりで生き物が苦手なわが子!イルカウォッチングで、ムリなく克服なるか?の画像2
pixta_55000603_M

赤ちゃんイルカにも遭遇!息子の成長に胸が熱くなる


運が良かったのか、はたまたこのエリアでは普通のことなのか分かりませんが、イルカウォッチング中、ほとんどすべての時間で、視界のどこかに野生のイルカの群れがいました。

こっちのイルカがいなくなれば、またあっちから別の一群が現れるという、贅沢な体験でした。


そして終盤。

怖がりの息子に思わぬ成長を感じる出来事が訪れました。


幸運にも、私たちの目の前に、赤ちゃんイルカを連れたお母さんイルカが現れたのです。

「見て、小さい子がいる!可愛いね」
「あれ、ぼくとママだね」

なんと、あの怖がりの息子が、動物の親子と自分を重ね合わせているなんて。

これにはちょっとビックリしました。


昨冬の阿蘇旅行では、乗馬体験をさせようとして全力拒否されたのですが…イルカウォッチングにしてよかった(笑)。


最終目標は猫カフェ。少しずつ体験を積み重ねたい


私自身も団地育ちでペットを飼ったことはありませんし、虫は苦手。

パパも、特に生き物が好きな方ではありません。


自分ができないことを子どもにやれ、というのも筋が通らない気がするし、無理強いしてトラウマになったりしても嫌ですよね。

さすがにイルカウォッチングは頻繁には行けませんが、こんな感じで、ボチボチ楽しく、動物と出会う機会が作れたらと思います。


ちなみに、ゆくゆくは猫カフェを狙っている私…。

猫は特に苦手でハードルが高いと思うので、まずはせっせと息子と動物園に通おうかな。




当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 怖がりで生き物が苦手なわが子!イルカウォッチングで、ムリなく克服なるか?