1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメ

思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメ

思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメのタイトル画像

大学生の息子さんが高校生のころまでは、PTAや学校行事にも積極的に参加したというYOUさん。保護者活動を通して得られたことは多いそうです。YOUさん流の子育てを楽しむコツも聞いてみました。


保護者活動はレクリエーション感覚で楽しんでた

―― お子さんが生まれてから、仕事のやり方は変わりましたか?

あんまり変わらないですね。
仕事をちょっと減らしたくらいかな。
たとえば、何泊もするようなロケは断ったり、テレビのお仕事もレギュラーではなく準レギュラーって形にしていただいたり。

仕事によって、できるものをやる、という感じで調整してました。
子どもの行事があるときはそっちを優先して、仕事を休んでましたし。


―― 学校行事は多かったですか?

ほかの学校に比べてすごくたくさん行事がありました。

うちの学校は「教師と保護者と子どもの三者でやっていきましょう」っていう校風だったので、保護者参加の行事も多くて。
私も学校行事にはほとんど行ってましたね。

運動会なんて本当にすごい盛り上がりで、親だけの騎馬戦があったんですけど、もうみんなガチ(笑)。

髪の毛引っ張ったりして、みんな血の気が多いから、救急車を呼ぶ騒ぎになったこともありました。
「ちょっとやりすぎ」ってことで、途中からなくなって穏やかになりましたけど。

でも、普段走らないお父さんが足つったりしてね。
まあ元気でいいんじゃないですか。

終わったらみんなでお酒飲んだりして、すごく楽しかったですよ。


―― 保護者同士も楽しそうですね。

学校行事もレクリエーションだと思って気軽に参加してみたら、どんどん楽しくなっていくと思うんですよね。

はじめはどうなんだろうって思っても、参加してみたら楽しいじゃん、っていうのがほとんどなので。

もちろん学校やクラスの雰囲気もあるでしょうけどね。

思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメの画像1
思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメの画像2

PTAをやると学校の仕組みがよく分かる

―― 行事のほかに学校に行く機会はありましたか?

役員もよくやってたから、一貫校に通っていた幼稚園から高校までの15年間は、しょっちゅう学校に行ってました。

仲がいいお母さん同士で、「一緒に学級委員をやろうね」って立候補したりして。
そうすれば違うクラスでも委員会で会えるから。

PTAはめちゃめちゃ楽しかったな。
行事もPTA活動も、とにかく楽しんでやってましたね。


―― 役員をやってよかったことは何ですか?

違う学年のお母さんと知り合いになって、縦のつながりができたことかな。
子どもが直接教わっていない先生とも、すごく仲よくなれたし。

PTA活動を通して学校全体の仕組みがよく分かったから、子どもたちの様子もつかみやすくなりました。

もし役員をやっていなかったら、自分の子どものことだけに考えが偏ってしまって、かえって心配ごとが増えていたかもしれない。

もちろん性格にもよると思うけど、私の場合は参加しちゃった方がいろいろ分かって楽しかったですね。


―― 「PTA=大変」というイメージもあると思いますが、楽しむコツは?

うーん、たとえばクジ引きで決まるとか、やりたくないのに役員をやるのは嫌だよね。

私はもともと学生の頃から、そういうことをやるのに抵抗がなかったから楽しめたけど。
クラスにもよっても違いますからね、やっぱり少し難しいクラスもあるし。

でも、何でも「楽しもう」という意識があれば、いい方向に転がるというか。

思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメの画像3
この記事を書いた人
Conobieスペシャルインタビューの画像
Conobieスペシャルインタビュー

コノビー世代が気になるあの人に、子育てや日々の思いなどをインタビューするスペシャル企画です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 思春期の備えは幼い頃から! 心配しすぎて個人の尊重を忘れちゃダメ