1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。

お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。

お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。のタイトル画像

お昼ごはんをこしらえるだけでこうだもの。
とりあえず、ゆで卵の茹で時間には気を付けて、とだけ。


その日はなんだかとても疲れていて、お昼ごはんの支度が、うんと遅くなってしまった。

子どもたちもお腹を空かせているし、もたもたしている場合ではないのだけど、疲れているときって、頭もなんだかうまく働かない。

頭がぼうっとして、献立がなかなか決まらないのだ。

頭の中は、クモの巣がかかったようにぼんやりとしていて、身体も鉛のように重たくて、野菜室を開けても、チルド室を開けても、なにをつくればいいのか、思いつかなかった。

とりあえず、なにかタンパク質があれば、と思い、たまごのパックを取り出した。

すると、まずは末っ子、「ちょんちょんぱん、やる!!!」

来るよね。来る。卵が割りたいお年頃、2歳。

なんなのこの通過儀礼。

「いっこちょーだい」

左手をほっぺたに添えて、右手を差し出す。

え……なに……そのかわいいポーズ。

これを見て渡さないとかある?ないよね(即答)。

押し問答したって、結局、悶着しているうちに卵が割れるか、話がこじれて修復不可能なタイムロスが生まれるかだもの、そしてこんなにかわいいんだもの。

私としては、卵を持たせる一択になる。

卵がうまく割れる確率、だいたい55%くらいか。

うまくいくほうに期待を全寄せして、いざ、ちょんちょんぱん。


お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。の画像1


「ちょーんちょーん、ちょーんちょーん…」

卵はあっけなく、フローリングと末っ子の足に流れ落ちた。

末っ子をお風呂で軽く清めて、タオルで拭いて、床の掃除をして、昼食づくりを再開する。

生き残った卵を、なんだかすっかり血迷って、8個も鍋に入れて、ゆで卵をつくることにした。

普段なら、茹で時間がもどかしいから、絶対にゆで卵なんてつくらないのだけど、なにを思ったのか、その日は茹でることしか考えられなかったのだ。

疲れているとき、そういうことってあるよね。

あるって言って。


そういえばついさっき、お昼の料理番組で、芋餅をつくっていたぞ、と思い出した。

「じゃが芋をすり下ろして、焼けばいいのです。とても簡単。」

そう、テレビの中の女性が言っていた。

ならば便乗しよう。

私もそれをつくる。

よし、そうめんにゆで卵ときゅうりを乗せて、あとは芋餅でフィニッシュだ。

そう思うと、がぜんやる気が出た。

芋を擦るのだ。

じゃが芋を剥いて、いざ擦り始めると、今度は長男がやってきた。



「それやりたーい!!」

お、おう。そうなるよね。

じゃあ、やってみようか……うん。

さすがそこは5歳。まあまあ、上手。

そうそう、その調子、とお任せしていたら、また現れる末っ子。

「末っ子ちゃんもやるー」

うん。もう、ほとんど自然の摂理だから、抗う気もないよ。

長男と末っ子に、それぞれおろし器を持たせて、上手上手とおだてて褒めて、お昼ごはんが遠すぎて、目がかすみそうになっていたら、末っ子がボウルをひっくり返した。

どろどろの芋が、末っ子の足に流れ落ちる。

隣にいた長男も飛び火を受けて、芋を浴びてしまった。

速やかにもう一度お風呂に運ばれる末っ子。そして長男。

2人そろうと水遊びになるのはもはや必然だから、もうそのまま、お風呂場にいたらいいんじゃないかな、というわけで楽しそうな声をバックミュージックにして、その隙にお昼ごはん支度のピッチを上げる。

その前に、床をもう一度お掃除。

いったい1日に何回、床を拭くのか。



ゆで卵の粗熱が取れた頃を見計らって、長女に「卵の皮を剥いてほしいの」と、お願いした。

「わーい!卵の殻剥くの大好き!」

よかったよかった。

もう7歳だしね、うんとお姉さんだしね、ありがたくお任せしてしまおう、とキッチンに向きなおったら、背後から長女が悲鳴をあげた。

振り返るとそこには、顔面に卵を浴びている長女。

私の理解の範疇は、スプーン1杯くらいしかないのかもしれない。

つまり理解ができなかった。

「卵を割ったら、ぶちゅって出たの」

ああ、つまり茹で時間を見誤ったのね、慣れないことはしちゃだめだな、とうなだれて、長女にシャワーを浴びておいで、と提案した。

入れ違いで、長男と末っ子がお風呂場から帰ってきた。

「ゆで卵の皮!!!むきたい!!」

元気だネ!長男!!

でも、こればっかりは、自然の摂理とか、呑気なことを言ってる場合ではない。

これ以上の湯浴びコースは避けたいんだもの。

この卵は今、とても危険だから、爆発するからおよしなさいね、と一生懸命説得をして、どうにかお引き取り頂く。

どう剥いても、もろもろの白身が崩れるし、黄身に関してはどろんどろんだしで、散々手こずって、可食部はうんと少なくなった。

8個もあったはずの卵は、寄せ集めても、信じられないくらいに少量だった。

それでもどうにか、そうめんの上にそれを乗せて、焼きあがった芋餅を添えて、お昼ごはんにした。

子どもたちが、ようやく食事にありついたのは、もう14時を迎えようとしているところだった。



ひと安心して、トイレに立ったついでに、そうだ、お風呂場の窓を開けておこう、と主婦らしく閃いて、一歩浴室に足を踏み入れたら、違和感がすごい。

シトラスの香りが、異常に充満していた。

そこは、世にも恐ろしい、床一面がトリートメントにまみれた世界だった。

白い床に白いトリートメントが、コーティングされていた。

いったんドアを閉めて、心を鎮める。

これは誇張でもなんでもなくて、私、35歳にして、産まれて初めて、膝から崩れ落ちる、という経験をした。

お風呂場の出口に置いてある、珪藻土のマットにゴツンと両ひざをぶつけて、今世紀最大のため息が出た。


さっきまでシャワーを浴びていた長女に訊ねると、「うん、床がぬるぬるした」とのことだった。

長男と末っ子に、「あれだけトリートメントで遊んじゃダメって言ったでしょ」と、よその人が聞いたら、なんのこっちゃなセリフを半べそで、3回ぐらい言って、あとはただ、黙々とお風呂場を掃除した。

床もお風呂もとびきり綺麗になったし、レパートリーにあたらしく芋餅が増えたし、子どもたちは大喜びで食べてくれたし、よかったことだけを超、超、至近距離でフォーカスしたから、最高にいい日だった。よ。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。