1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 体感温度35℃の地獄。ベビーカーの暑さ対策はどうすべき?

体感温度35℃の地獄。ベビーカーの暑さ対策はどうすべき?

体感温度35℃の地獄。ベビーカーの暑さ対策はどうすべき?のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆ 
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Q.夏場のベビーカー移動、暑さ対策どうしてる?

体感温度35℃の地獄。ベビーカーの暑さ対策はどうすべき?の画像1

※2019年8月22日〜23日(コノビー公式Twitterより)

「保冷シート」や「日よけ」を活用


最も多い回答は、「保冷シートを敷く」(56%)でした。

赤ちゃん用品店では、ポケットに保冷剤をいれて乳幼児の背中を冷やすアイテムが売られていますね。

2位には「ベビーカーの日よけを使う」(32%)がランクイン。

ベビーカーに取り付けられる「扇風機を回す」(12%)は、3位でした。


アスファルトの照り返しは危険


大人に比べ、お子さんの顔の位置は地面に近いため、体感温度は高くなります。

東京都心で気温32.3℃の場合、幼児の体感温度は35℃に上るというから驚き…。

アスファルトの照り返しによって、ベビーカーの中は想像以上に危険な状態なのです。

だからこそ、夏場の移動では暑さ対策は絶対に必要!

猛暑日には外出を避けるのが賢明ですが、やむをえず出かけるときにはお子さんを暑さから守りましょう。

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 体感温度35℃の地獄。ベビーカーの暑さ対策はどうすべき?