我が家では、ほぼ添加物で出来ているようなパンやお菓子はほとんど食べません。私自身が、原材料名を見て知らないものだらけの食品(=添加物だらけの食品)は、なるべく避けるようにしています。



ですが、子どもの興味で買うこともありますし、お友達が来た時やお宅にお邪魔した時に食べることもあります。でもそれは、子どもの好奇心を満たすため、そしてお友達と楽しく食べるためです。



あくまで食べ物は楽しく食べるものであって、身体を作るためだけにあるのではないと考え、あえてハードルは高く設定せずにそのあたりは割り切っています。だからこそ子どもは、食べることは楽しい、美味しい、という体と心の欲求が満たされるのだと思います。



いつも笑顔で食卓を囲めるように…まずは小さなことから始めてくださいね♪