1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 真夏の公園しんどすぎ!炎天下の公園遊びにパパ・ママ悲鳴…。

真夏の公園しんどすぎ!炎天下の公園遊びにパパ・ママ悲鳴…。

真夏の公園しんどすぎ!炎天下の公園遊びにパパ・ママ悲鳴…。のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆ 
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

親的に真夏の公園はココがつら~い!ポイント

真夏の公園しんどすぎ!炎天下の公園遊びにパパ・ママ悲鳴…。の画像1

※2019年8月7日〜8日(コノビー公式Twitterより)

暑すぎて、ムリ


回答は、「シンプルに暑い」(74%)のほぼ一択。

気温が30度を超える暑さですからね、近所を少し歩くだけでも汗だくです。

この中で子どもと外遊びなんて、もう…。


高温になった滑り台は「凶器」


気温の高さから熱中症は心配ですが、高温になった遊具に触れて、やけどを負うリスクもあります。

アンケートではとある親御さんが、「鉄製の滑り台は凶器」と表現しています。

確かに…。

子どもって、遊びたいと思ったら駆け寄ってしまいますからね。

遊具の温度チェックのほか、水分をこまめに摂らせるなど、夏場の公園遊びでは神経を使います。

2歳になる筆者の息子も公園が大好きなので、できるだけ日陰が多い公園を選び、短時間で帰るようにしています。

そうしないと、親がツライ…。

毎日厳しい暑さです。

親子ともに体に気をつけましょう!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございます!

(コノビー編集部:そのべ)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 真夏の公園しんどすぎ!炎天下の公園遊びにパパ・ママ悲鳴…。