1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 最強の子育て服を探し求めた結果…。マキシワンピースにたどり着いた!!その心は?!

最強の子育て服を探し求めた結果…。マキシワンピースにたどり着いた!!その心は?!

最強の子育て服を探し求めた結果…。マキシワンピースにたどり着いた!!その心は?!のタイトル画像

わたし、マキシ丈ワンピースが降臨してからというもの、子育てのハードルが7段階くらい下がった心地。


この夏、マキシ丈ワンピースというものに、出合ってしまった。

もうすでにお手元にある方は、ほんとうにわかっていらっしゃる。

私はとんだ無知だったし、考えなしのおバカさんだった。

だってこの夏まで、マキシ丈ワンピースを、知らずに生きてきたのだから。

もしまだお持ちでない方がいらっしゃったら、なるべく早くに、手に入れていただきたい。

後悔することは、ないだろう。



そもそも、「マキシ丈」というものに抵抗があったのだ。

さかのぼると、それは私の子ども時代にまで、話は及ぶ。

私の母が「マキシ丈」、当時で言うところのロングスカートを、好んでよく履いていたのだ。

友達のお母さんたちは、活動的なジーンズや、パンツスタイルが多かったのに対して、私の母は会社の事務服か、たいていロングスカートを履いていた。

どうもこれが、私の目にはあまり、格好よく映らなかったのだ。

私には、周囲のお母さんが活発そうに、若々しく映るのに対し、母の姿はなんだか、時代錯誤で、非現実的な服装に見えたのだ。

「うちのお母さんはサリバン先生みたいな服を着とるな」

と、子ども心に思ったのだ。

念のため言うけれど、別にサリバン先生を揶揄するつもりはない。

主に時代錯誤、という意味合いだ。



つまり、マキシ丈=母、だったのだ。

それを履いてしまったら最後、私もサリバン先生みたいなルックになるのでは、と常に敬遠していたのだ。もう長い間。

ところが、つい先日、ショッピングモールでふと手に取った、ノースリーブのマキシ丈ワンピースが、なんだか妙に手に馴染んだのだった。

生地の質感がよかったのだろうか、その日がうんと暑い日だったから、ノースリーブに惹かれたのだろうか、手に取ると、思わず欲しくなってしまった。

なにかに突き動かされた私は、試着することもなく、それをレジに持っていき、翌日にはそれを着て外に出ていた。

鏡に映った私は、ちっともサリバン先生でも、もちろん母でもなかった。

マキシ丈ワンピースを着て、1日過ごしたら、感動と感激の嵐だった。

私はなぜ、今日までこんなに簡便で優秀な衣類を、遠ざけて生きてきたのかと、激しく後悔した。

マキシ丈ワンピースが、こんなに子育て中にありがたいものだとは、知らなかった。



まず、子どもといると、中にいようが外にいようが、ほぼ、座る、立つ、しゃがむ、立つ、の永久運動だ。

外にいれば、靴に砂が入ったとか、バッタがいたよほら見て、とか、サラサラの砂があったよ、とか、まぁ、呼ばれ続けている。

立ったかと思えばまた呼ばれ、座ったかと思えばまた呼ばれるのだ。

そして、言わずもがな、屋中にいても然りであって、やれ、カードを一緒に並べてとか、やれ、パズルをやろうよ、とか、やれ、おしっこが漏れたとか、床のあたりの用事で、やっぱり呼ばれ続けている。

そのすべての瞬間に、パンツが下から見える心配も、背中まわりからお肌やパンツが見える心配も、しなくていいのである。

マキシ丈ワンピースなら。


子育て中のお母さんは、下のお子さんを片手に抱いていることも、たびたびあるから、下のお子さんを小脇に抱きつつ、上のお子さんの靴に入った砂の処置をしていたりする。

両手がふさがるので、もはやパンツの件に関しては、諦めないといけなかったりするのだ。

だったらマキシスカートでいいのでは?と思った人は、落ち着いて考えてみてほしい。

手持ちのスカートは、ほぼウエストがゴムではないだろうか?

小さいお子さんがいるのだから、着脱、動きやすさ、すべて加味したら、ウエストがゴムになるのは避けられない。

マキシ丈のスカートはその裾の長さから、子どもにつかまれるのは、もはや自明の事実なのだ。

子どもが裾を掴む、それすなわち、ゴムウエストのスカートが、ちょっとした拍子にずり下がる、ということを指している。

やっぱり、パンツ問題から逃げられないのだ。

それが、マキシ丈ワンピースならどうだろう。

四方八方から、パンツ問題を徹底ブロックできてしまう。

「なにをしていてもパンツが見えないし、見えそうにもない……これなに……発明?」

初めてマキシ丈ワンピースを着た私は、始終そんなことを考えていた。

上の子とカードゲームをするときも、末っ子を抱き上げるときも、食べこぼしを片付けるときも、足元に子どもたちがまとわりついているときも、いつだってパンツの心配がいらなかった。

さらに、私が購入したものに関して言えば、両サイドにポケットがついていた。これが最高だった。

これからマキシ丈ワンピースを買う方は、ポケットが非常に大事なので、よく見て買ってほしい。



スマホをいったいみなさん、どうやって持ち歩いているのか、ほんとうに疑問なのだ。

子育てを7年やってきたけれど、模範解答が見つからずにいた。

電話がかかってきたときに、子どもが思わぬシャッターチャンスを見せたときに、しゃっと素早く取り出したいのに、両手、または片手がたいていふさがっているのが、母という生き物だ。

出先で鞄から出そうとしても、不自由この上ない。

家の中にいたって、ベランダに行ったり、お風呂を洗ったり、台所に行ったりずっとうろうろしているから、いざほしいときにスマホをおろおろ探すなんて日常茶飯事だ。

ズボンのポケットは、たいていお尻がピタッとしているから、立ったりしゃがんだりを、頻回に繰り返していると、そのうちスマホが、ポロリと落ちる。

鞄に忍ばせると、片手がふさがっている場合、取り出しにくい。

ゴムスカートのポケットにいれたりしたら、そのスマホ本体の重さで、スカートが地味にずり下がってくる。

ここで、マキシ丈ワンピースの登場だ。

マキシ丈ワンピースに、ポケットがあることの無敵さったらない。

いかなる姿勢でいても、スマホが落ちることもなければ、ワンピースという性質上、スカートがずり落ちたりもしない。

小脇に子どもを抱きながら、華麗にスマホを取り出せる。

この自由さ!この身軽さ!!!革新的ではないだろうか。

少なくとも私はこの7年間でこんなに身軽さを感じたことって、そうそうない。



つまり、全方位的に、マキシ丈ワンピースが、絶好調な今日この頃だ。

今生の普段着は、もうこれだけでいい、とさえ思ってしまう。

ワンピースなばっかりに、授乳できない問題があるのは、とても罪深いけれど、授乳中のお母さんは、授乳が終わったら是非、マキシ丈ワンピースのことを、思い出してほしい。

そして、全国のマキシ丈ワンピースユーザーのお母さんたち、自転車のタイヤに巻き込まないように是非、気を付けてね。

それ以外のすべての側面において、マキシ丈ワンピースって、最高の上を行く、最高の子育て服だから。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 最強の子育て服を探し求めた結果…。マキシワンピースにたどり着いた!!その心は?!